エンジェルナンバー早見表はこちら

手相占い!仏眼相とは?ダブルやトリプル・現れる手や指で意味が違う?

手相 仏眼

手は第二の脳とも言われ、手相には未来の設計図が刻まれているとも。
手相では運命線・感情線・生命線・運命線などの基本線のほかに、手の指にも大切なサインがあらわれているのです。

今回は、親指の第一関節にあらわれる目のような形『仏眼(ぶつがん)の相』について、ダブルやトリプル、さらに右手、左手、両手などに現れる意味について見ていきたいと思います。
 
 

スポンサーリンク

親指の仏眼相とその意味

 
親指の仏眼です。
 
親指は、先祖の指とも言われ、特に身内とのかかわりや、家系的な遺伝や遺産・先祖や両親との関係があらわれます。

そんな親指の第一関節のすじの部分にある目のような形を『仏眼』といいます。
まるで仏像の目のように半眼に見えますね。

仏眼とは?
仏教では半眼は仏の心をあらわす悟りの眼と言われます。
仏眼がある人は、ご先祖様からの守護を受け目に見えない力に守られているとされ、人徳のある人です。

そんな仏眼相を持つあなたは、日頃からご先祖様への感謝の気持ちをもっている人が多いようですね。

また、仏眼相を持つ人は記憶力も抜群で勘が良く、念じる力が強く超能力や霊能力がある場合も。

仏眼相の特徴の一つには記憶力がよいのでテストなんかでの一夜漬けも得意とあり、心当たりのある人も多いのではないでしょうか?

占い師とか霊能力者に多いと言われるのも納得ですが、仏眼相の持ち主全てにその能力があるという訳ではないようです。

つまり、その人にとって必要な能力が与えられているということなのですね。

人はそれぞれ生まれてきた役割があり、進むべき道が決まっていると言われていますが、仏眼はその道を外れたとき、あなたに適格なインスピレーションを送ってくれているのです。

仏眼の相の持ち主の方は、困った時ほど自分の直感を信じてみることが大切です。
そうすることで、進むべき道が次第に戻れるはず。
 
 

親指のダブル仏眼相・3つのパターン

 
1つあればとても心強い仏眼ですが、複数ある場合もあります。
2つあることをダブル仏眼といい、その意味合いはより強くなります。
 
 

ダブル仏眼相①の意味

 
ダブル仏眼①の手相です。

仏眼が2つあるパターンで、眼が上下に重なったように見えますね。
とても珍しいケースですが、親指の第一関節と第二関節の間にあらわれる場合もあります。

どちらの場合も、仏眼の強力なご守護力や特徴が通常の倍以上あるということ。
危険な目にあっても奇跡的に助かったり、願っていたことが引き寄せられて現実のものになったりと、間違いのない道を歩むことができる人です。

仏眼相を持っている人は、日ごろからご先祖様への感謝の気持ちをわすれずに努力を重ね、願った幸運を引き寄せましょう。
 
 

ダブル仏眼相②の意味

 
ダブル仏眼②のてそうです。
 
ダブル仏眼相には、こちらのようなパターンもあります。
二つの仏眼がならんでいる様子は、無限マークにも例えられます。

こちらの仏眼相の場合も、①のパターンと同じく仏眼のもつご守護力や、念じる力や記憶力・超能力や霊能力などの優れた能力が倍以上あるということ。

占いを職業にされている方は、両手に仏眼相があり、さらに直感線や神秘十字線・人気線やラッキーMなどと強運な相をお持ちの場合も多いようです。
 
 

ダブル仏眼相③の意味

 
仏眼相③です。
 
仏眼といえば、通常は親指の第一関節にある目の形をしたものですが、親指の第二関節にも同じような仏眼相がある場合もあります。
第二関節は親指の付け根の部分ですね。

こちらのダブル仏眼相は、とても珍しいですね。
中には、両手の親指の第一関節と第二関節にダブル仏眼がある人もあります。

両手に4つもの仏眼をお持ちということ。

仏眼が一つの場合よりも、ご守護力や直観力・念じる力や霊感なども強いと言われます。
霊感が強くなると霊を引き寄せてしまう可能性もあるので、注意が必要ですね。


次に、親指に仏眼が3つあるというトリプル仏眼についてご紹介します。
 
 

スポンサーリンク

トリプル仏眼相の意味

 
トリプル仏眼です。

こちらの仏眼は激レアではないかと思います。
左手の親指の第一関節に3つの仏眼が並んでいて、真ん中の仏眼の中にさらに小さな目のようなものがありますね。

右手は普通の仏眼相が一つということです。
左手にあるので、先天的にもって生まれたトリプル仏眼ですね。

ダブル仏眼よりもさらに仏眼の持つ意味が強化され、特殊な能力を持っている場合が多いです。

そんな仏眼相ですが、現れる手によって意味が違うのでしょうか?
まず左手だけに仏眼相がある場合から見ていきたいと思います。
 
 

左手だけに仏眼相がある場合の意味

 
左手の仏眼相は、先天的にもって生まれたものといわれます。
ご先祖様のご守護で守られている人徳のある人で、前世でも神仏に信仰深い人だったことを現しています。

そして、仏眼相が濃いほど直感や霊感などの能力が強くなりますが、左手に仏眼相があっても、霊的なものを感じない人も多いです。
 
 

右手だけに仏眼相がある場合の意味

 
右手だけに仏眼相がある場合は、努力や信仰心などで後天的に身に就いたものとされます。
直感力や感性が高いことをあらわし、自分が持っている能力が向上するということ。

占い師などのスピリチュアルな分野や、鑑定士や芸能や芸術、また作家などクリエイティブな能力を必要とする分野での活躍する道が開けるでしょう。

両手に仏眼相がある場合の意味

両手に仏眼相がある人は、ご先祖様からのご加護や優れた記憶力や超能力・霊感などが、通常の数倍もあるということですね。

危機的な状況に陥っても復活することができたり、不慮の災難に遭う確率は、通常よりも少なくなります。

また、勘が鋭く相手の気持ちを察することができるので、人間関係では慈悲深くよく気が利く人と評価されることが多いです。

そして仏眼相は、潜在意識と顕在意識の境目を見極める目とも考えられているため、両方の仏眼をこすり合わせて、願い事を念じると心願成就すると言われています。
 
 

スポンサーリンク

まとめ

 
親指にでる仏眼相のパターンと、左手や右手、両手など現れ方や意味の違いを見てきました。

いかがだったでしょうか?

実は私も左右の親指に仏眼があるので、普通の仏眼は比較的多いのではと思います。
霊能力や超能力はありませんが勘はするどい方かなと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。