夢占い事典はこちら

夢占いで月の夢の意味【幸運と母性のシンボル】

夢占い 月

スポンサーリンク
 

月の夢の夢占いの意味って?

 
夢占いで月は、幸運、直感、母性をあらわすシンボル。

月の夢を見たら、これまでの隠れた努力が認められ、あなたに対する評価がいい方向へ変化するでしょう。
特に、月を見て綺麗だと感じたなら、今のあなたは運気がとても上昇しています。
近いうちにとても良いことが起こる可能性があります。

また、女性がこの夢を見た場合は良縁や子宝に恵まれるという意味があります。
パートナーがいない人は理想の相手が見つかる事を予兆しています。
現在お付き合いしている人がいる人は、婚期が近づいてきているようです。
今後の進展に期待してもいいかもしれません。


それでは、ここからは月の夢の意味をシチュエーションごとに見ていきましょう。
あなたの見た夢に近いものがないか、チェックしてみてくださいね。
 
 

スポンサーリンク
 

月が大きく見える夢

 
夢の中の月をとても大きく感じたとしたら、それはあなたになんらかの変化が訪れようとしているサイン。
どのような変化が訪れようとしているのかは、月を見た時の印象によって判断できるでしょう。

基本的に、ポジティブな印象の夢なら、今起きている問題が解決し良い方向に進む、あるいは、特に問題が起きていないのなら昇進や結婚などによる環境の変化が訪れるでしょう。

反対に、夢の印象が悪いものだったら、なんらかの災いが訪れることへの警告と言えます。

最悪の場合、職を失ったり生活基盤を失ったり、大切な人が去って行ったり、あなたにとっては厳しい試練が訪れるかもしれません。

周囲の変化に気を配り、何かあった時にすぐに対処できるようにしておきましょう。

また、夢の中で他にも何か印象に残るものがあれば、それもまた夢の解釈に繋がってくるので、その意味を調べておくことをおすすめします。
 
 

満月の夢

 
満月の夢は吉夢で、あなたが心身ともに力に溢れており、大きな幸運が訪れることを表しています。
仕事運、恋愛運、金運ありとあらゆる運勢があなたに味方してくれそうです。

例えば仕事では昇進の話が舞い込んだり、恋人がいない人には理想の恋人ができたり、結婚や妊娠など人生にとって大変おめでたい出来事が起こりそうですよ。

現在悩みごとがあり運勢が落ち込んでいると感じる人も、満月の夢をみればその悩みが解消されるのは近いはず。
あきらめずに今の取り組みを続けていきましょう。
 
 

半月の夢

 
半月の夢を見た場合、半月がこれから満ちていくのか、それとも欠けていくのかによって、意味が異なってきます。

もしも半月がこれから満ちて満月になっていくのなら、あなたの対人運が上がることを暗示しています。
人間関係で何か悩みを抱えているのなら、その悩みは解消されるでしょう。

ですが、半月が欠けていく夢だった場合は要注意です。
あなたの対人運は低迷し、今ある人間関係の問題は更に悪化することを警告しています。

解決しようと行動しても失敗に終わることが多いようです。
そしてこれにより、あなたは大きなストレスを抱えてしまうかもしれません。

この夢を見た場合は、まずは現状維持に努めることを優先しましょう。
 
 

三日月の夢

 
月は地球の大きな影響を与えているものです。
塩の満ち引きや子供の誕生などにも関係していると言われています。
目覚めたときその月が印象的だった夢を見ることは多いかもしれません。

月の中でも「三日月の夢」を見た場合、
それが満月になろうとしていた時かかけ始めた時かで夢占いも変わってきます。

満月になろうとしている三日月であれば、運気が上昇するチャンスです。
何かにトライしようとしている時なら、即実行に移しましょう。
月はどんどん姿を変えていきます。満月になろうとしているこの時期を逃さないようにしましょう。

また逆に満月から欠けていく三日月であった場合は、運気の下降を知らせています。
あまり新しいものへは手出ししない方が良いでしょう。

水面下で運気が良くなるのを待てばまた運気が上昇するのを待つのが得策です。
 
 

月食の夢

 
月食の夢を見た場合、もしもあなたが妊婦であるなら、出産が安産だったり何か良いことが起こることを暗示しています。

あなたが男性だったなら、奥さんの妊娠を暗示している可能性も。
ですが、妊娠にかかわりのない人がこの夢を見た場合は、警戒したほうが良いでしょう。

この夢は問題が次々に舞い込んでくるという暗示になります。

気が休まる暇がなくなってしまうことからくる、精神的な疲労が心配されます。
周囲の人の協力を得て、なんとか休憩を取る時間を作るようにしましょう。

また、旅行に行く人は旅行先でのトラブルに注意すること。
慣れない場所での体調不良や、盗難などの危険が…。
普段よりも一段と気を引き締めておいたほうが良いでしょう。
 
 

赤い月の夢

 
赤い月の夢を見た場合、それはあなたの中にやる気がみなぎっていることを暗示しています。

また、赤い色が鮮やかで濃ければ濃いほど、あなたの運気も高まっていることを意味しています。

色々なことに挑戦する、またとないチャンスですよ。

新しいことだけではなく、以前諦めてしまったことにも、もう一度手を出してみてはどうでしょうか。
今度こそ、きっと上手く行くはず。

ですが、月を見て気分が悪くなるような夢だった場合、何か問題が降りかかってくることを暗示しています。
身の回りのことには十分に注意するようにしましょう。
 
 

黒い月を見る夢

 
黒い月を見る夢は、良くない夢(凶夢)だとされています。
夢の中の『黒』は良い意味と悪い意味の両方が含まれますが、黒い月は金運の低下や恋愛運の低下を意味する場合が多いようです。

痛手を負うような予定外の大出費や、詐欺に遭ったり財布を落としたりするかもしれないので、何かにお金を使ったり外出する時は気を付けたほうがいいでしょう。

また、恋愛運の低下に関しては、彼(彼女)との関係が不穏になる気配です。
展開次第では、別れることになる恐れも…。
そうならないためにも、まずは相手としっかり話し合うことをおすすめします。
 
 

月が昇る夢

 
月が登る夢を見た場合、あなたの才能や努力が認められることを暗示しています。
今までずっと努力してきた仕事や、ずっと磨き続けてきた才能が、ようやく実を結ぶようです。
結んだ実は社会的にも認められ、あなたの社会的地位も上がっていくことが期待できます。

また、この夢には運気が好転していくという意味もあります。

今まで解決してこなかった悩みや問題が解消されるでしょう。

これまで上手く行かず諦めていたことも、これを機に再挑戦すれば、すんなりと進むかもしれませんよ。
 
 

月が落ちる夢

 
月が落ちる夢が表すものは『女性』『感情』『恋愛などの対人運』『家庭運』です。

現実で月が落ちてきたら大惨事ですが、現実では夢で月が落ちる夢を見るのは一体どんな意味があるのでしょうか?

月が落ちる夢は、感情や対人関係、家庭内で大きな変化が現れるかもしれないという暗示です。

月が目の前に落ちて粉々に砕け散ってしまったら、それらの関係でショッキングなことが近いうちに起こる、あるいは現在進行形で起こっている暗示です。

また自身の精神状態が良くない方向に傾いているという暗示もあります。
この夢を見た時は、自分の精神を休ませるために休憩をとったほうがいいでしょう。
 
 

月に虹がかかる夢

 
現実の世界で虹を見ることができたら「何か良いことが起こるかもしれない」と感じる人は多いでしょう。

夢の世界でも同じことで月に虹がかかる夢をみたら、想像を絶するような幸運に見舞われる兆しです。

日頃の努力が認められて昇進や昇給をすることができたり、学生ならばテストで良い結果を残すこともできます。

また、難関といわれる資格を取得できるかもしれません。
報われないと半ばあきらめていたことに光が当たる機会が訪れたので素直に受け入れるとよいでしょう。
 
 

月が雲に隠れる夢

 
月が雲に隠れる夢は、夢占いでは人間関係に問題が起きる前触れです。
あなたは、嫌なことから逃げ出したいという気持ちでいます。

あなたの、その後ろ向きの姿勢が、相手に伝わっており、それが原因となります。

また、新たな火種を生み、悩み事が更に一層複雑になりそうです。
ここは、曖昧な態度をとらずに、その問題となっていることに対して、逃げずに向き合うことが重要です。

誠実な態度で対応すれば、相手との距離が縮まり、問題解決へのきっかけとなるでしょう。

→『雲の夢』の夢占いの意味
 
 

月が二つある夢

 
基本的に月が出てくる夢は、良い夢とされています。
月の夢を男性が見た場合は仕事の運気上昇、女性が見た場合は恋愛での運気上昇が期待できます。

その中、月が出てくる夢でも「月が二つある夢」を見た場合はどうでしょうか。
大きな丸い月が2つあれば、これは運気が倍増しでアップするといえます。
二つだけでなく月の数が多いほど運気もアップすると考えてよいでしょう。

男性の場合は仕事運のアップに繋がるため、夢に出てくる月の数が多いかもしれません。
女性の場合は恋愛運の上昇となり、モテ期到来となって恋人がいない女性の場合は嬉しい夢になることでしょう。
ぜひこの時期を逃さず良い人を見つけてくださいね。

ただ恋人がいるのに他の男性に目移りしたりすると、残念な結果になってしまうかもしれません。
恋人がいる方は、相手のことも考えて行動するのが賢明です。
 
 

たくさんの月を見る夢

 
たくさんの月を見る夢を見た場合、あなたの運気が上昇していることを暗示しています。
月の数が多ければ多いほど、運気も強くなる傾向にあります。

もしかしたら、あなたの人生の中でも有数の幸運期となるかもしれません。
いろんなことに、どんどんチャレンジしていくと良いでしょう。

難しいと思っていたこと、あきらめていたことにも、恐れずにチャレンジしてみましょう。
きっと思った以上の成果があげられるはずですよ。

ただし、この夢にはあなた自身の浮気心を暗示していることもあります。
もしも思い当たることがあるのなら、自分自身と向き合い、自分の大切なものについてきちんと考えましょう。
 
 

スポンサーリンク
 

月と太陽を見る夢

 
月と太陽を見る夢はわだかまりが溶けることを表しています。
親子、夫婦、恋人、兄弟姉妹の間でぎくしゃくし、思い悩んでいた人も解決の糸口がみつかるでしょう。
すれ違いが多くすっきりしない関係が良好になり晴れ晴れとした気分になれそうです。

ただし月と太陽の光を明るく感じない、どことなく嫌な光だと感じた場合は異なります。
二つの中から選択しなければならない場面が訪れるでしょう。
自分が望むものを獲得するために誰かと争うことになることもあります。

夢の月は平穏も意味しているので、何かが起きてもじっくり落ち着いて対処することが大切です。
どんな関係であっても相手へ思いやりを持って接しているか確認する良いチャンスになるでしょう。
 
 

月明かりが辺りを照らす夢

 
月明かりが辺りを照らす夢。
太陽のような全てを照らし出す輝きはないけれど、そっと足元を照らす柔らかな月明かりは道しるべのようです。

この夢は、あなたが今まで努力して頑張ってきた事が成功する予兆です。
もうすぐ全ての苦労が報われ、良い実りが得られます。

しかし、この夢を見てから気が弛んで、これまで継続してきたことを怠けてしまうと良い運勢の流れが変わってしまい、成るものもならなくなります。

最後までたゆまず努力することで幸運が高まります。
 
 

月の光を浴びる夢

 
月の光は柔らかですが、暗闇を明るくさせることができる光です。
「月の光を浴びる夢」を見た場合、運気は上昇していると考えてよいでしょう。
何かあなたが頑張ってきたことがあるのなら、それが報われる時かもしれません。

またあなたが周りから一目置かれる立場になる可能性があります。
月の光には目標や目印といった意味があります。
周りからあなたを目標にする人が現れるかもしれません。
何か学校や仕事場で人を選出するようなことがあれば、あなたが選ばれる可能性もあります。

その他、あなたが女性で月の光がお腹に当たっていた場合、
妊娠する、もしくは妊娠している可能性があります。
思い当たる方は一度検査などを受けてみてください。
 
 

水面に月が映る夢

 
水面に月が映る夢は、あなたの状態や物事によって、吉凶が変わります。

もしもあなたが苦境にあるのなら、この夢は事態の好転を暗示します。
あなたの抱えている問題や悩みは近いうちに解決し、より良い方向に進んでいきます。

また、手の届かないと思っていたものが手に入ることも暗示しています。
あきらめかけていたことにもう一度挑戦すれば、意外なほどあっさりと上手くいくでしょう。

ですが、あなたの恋愛に関しては、あまり良い結果にはならないことを告げています。
片思いをしているのなら想いは叶わないことが多いようです。
気持ちを切り替えて新しい恋を探しましょう。

→『水の夢』の夢占いの意味
 
 

月に行く夢

 
月に行く夢は、あなた自身の成長と、環境の進展を暗示しています。

月というものは距離がとても遠く、すぐに辿り着くことはできないものですよね。
そういう人の足では行くことができない月に到着したということは、大きな目標を達成することができるでしょう。

また、あなたの周囲の状況が一転する可能性もあります。

もしかすると、あなた自身が今とは違う仕事や趣味にチャレンジしたい、と思っている気持ちの表れかもしれません。

自信を持って行動することがカギとなるでしょう。

→『宇宙の夢』の夢占いの意味
 
 

月が爆発する夢

 
月が爆発する夢を見た場合、あなたが感情をコントロールできなくなっていることを暗示しています。

現実世界での自分の精神状態を振り返ってみてください。
悩みを抱え込んでいたり、自分を追い詰めたりしていませんか。

ストレスを溜め込みすぎて、周囲の人に当たり散らしたり、傷つけたりすることを、夢は警告しています。

そうなる前に、早めにリラックスできる時間を作り、心を休めましょう。
もしも一人では解決できないようなら、信頼している人に相談して助けを求めてみましょう。

→『爆発の夢』の夢占いの意味
 
 

スポンサーリンク
 

月の絵を見る夢

 
本物の月ではなく、絵として描かれている月の夢は運気上昇の暗示があります。
それは、この夢を見たあなたが今とても心が落ち着いており、ものごとを月のように空から俯瞰できる状態だからです。

ものごとを俯瞰してとらえられるということは、全体を把握し、さらに冷静な目で細かいところまで見ることができるということ。

こういう視点を持っていれば自分自身の状態が良くわかるので、得意な場所は伸ばし、弱点には最適な対処ができるでしょう。

そうした空から俯瞰して見る視点をいつまでも保つようにして下さいね。

スポンサーリンク