夢占い

夢占いで絵画の夢の意味!パターン別に解説

夢占い 絵画

絵画は美術館で見るものから、部屋の調度品として利用されるものまで、千差万別です。
ただ、基本的にはよほど絵画が好きな人でもない限り、あまり日常で意識することはないかもしれませんね。

では、そんな絵画が夢に出てきたとしたら…?
今回は夢占いで絵画の夢の意味について調べてみました。
 
 

Sponsored Links






絵の夢が表す夢占いの意味とは?

 
絵画の夢は、主に次の2つをあらわしています。
 

  1. 心模様

    絵画はあなたの心模様を表現したもの。
    そこに描かれているものには今感じている気持ち、感情が反映されているでしょう。

    美しい絵だった場合は、心が晴れやかで澄み渡っている状態です。
    反対に、ごちゃごちゃとしてわかりにくい絵は、感情的な乱れを暗示しています。

    どのような絵が描かれていたのかをよく思い出して、その意味を判断してみましょう。

  2. 伝えたい思い

    何かを伝えたい、訴えたい時にも、絵の夢を見ることがあるようです。
    その思いは、まだハッキリと言葉にできるほど明確なものではないのでしょう。

    だからこそ、絵という形でその思いを表現しているのですね。
    特に、あなた自身が絵を描く夢の場合は、その意味合いがさらに強まります。

 

実在する絵画が出てくる夢

 
その絵画に対する思い入れや、抱いているイメージが反映されたもの。
基本的に、夢の意味としては、それ以上でもそれ以下でもないようです。

が、場合によっては、その絵に描かれている光景が、あなたの精神状態をそのまま暗示していることもあります。
 


 
いかがでしたか?
絵画の夢を見たら、まずは以上の2点を踏まえて解釈してみましょう。

では、さらにここからは絵画の夢の様々なシチュエーションについても見ていきますね。
 
 

Sponsored Links






絵を描く夢

 
何らかの欲求のあらわれ。
心の中で感情が渦巻いていて、抑えきれなくなりつつあるようです。

ただし、まだその感情をうまく言葉で表現できない状態なのかも。
まずは自分の内面としっかり向き合って、一つ一つ気持ちを整理していきましょう。

また、絵を描く夢が、将来的な見通しについてを暗示していることもあります。
例えば、絵の輪郭が鮮やかでハッキリしているのなら、将来の見通しが立っていることを示しています。

やるべきことが明確なので、迷いなく物事に打ち込めそうですね。

逆に、全体がぼんやりした絵を描いていたとしたら、それは先行きへの不安を意味します。
もう少し考えをまとめてからじゃないと、動き出すのは難しいかもしれません。
 
 

スラスラと絵を描いている夢

 
思い描いた通りに、スムーズに絵が描けるなら、目標が明確になっていることを示しています。
今のあなたなら、すぐに行動を開始できそうです。

『善は急げ』と言いますから、思い立ったら動き出してみてくださいね。
 
 

絵を描くことにのめり込む夢

 
周りが目に入らないくらい夢中になって絵を描くのは少し要注意。

自分の内面にばかり気持ちが向いてしまっていて、外の世界への配慮が足りなくなっている傾向です。
そんなつもりはなくても、人の気持ちを無視してしまったり、人間関係で色々と問題が起きてしまいそうです。

少し息抜きをして、気分を切り替えてみてくださいね。
 
 

キャラクターの絵を描く夢

 
実在のキャラクターの絵を描くとしたら、そのキャラへの思い入れが反映されたもの。
あるいは、そのキャラの特徴にご自身の現状の感情を投入しているのでしょう。

最近、心が動かされるような出来事があったのかもしれませんね。
それがポジティブなものであればいいですが、ネガティブなものだとしたら、何かしら対応がしたほうがよさそうです。
 
 

海の絵を描く夢

 
海は心身の状態を反映することから、この夢は現在の心と体のことについてを教えています。

綺麗な海を描けるなら、精神的にも肉体的にも充実していることのあらわれでしょう。
一方で、海の雰囲気がどこから暗いのなら、何かが影を落としているのかもしれません。

描いた海の様子や、全体的な絵の印象から判断してみてくださいね。

→海の夢の意味
 
 

描いた絵を褒められる夢

 
気持ちを伝えることで、運気がアップする兆しです。
今思っていること、考えていることは、正しい方向を指し示しています。

まだそれは明確に言葉にはできるものではないかもしれませんが、心の奥底の深いレベルではすでに正解を選択できているのですね。

モヤモヤした気持ちがあるのなら、まずは紙に書き出して見たり、誰かに話してみたりと、外に出してみることです。
出せば出すほど考えがまとまっていき、最終的に良い形に仕上がっていくはずですよ。
 
 

綺麗な絵を鑑賞する夢

 
心が安定している証拠。
精神的に健康な状態にいることを示しています。

周りの人にとっても、今のあなたはとても魅力的に見えるようですよ。
自分に自信を持って行動すると、運気もアップしていくことでしょう。
 
 

不気味な絵を鑑賞する夢

 
心が不安に駆られているサイン。
また、その絵がごちゃごちゃしたものであれば、心の乱れを暗示しています。

今のあなたは冷静さを欠いているようです。
いっぱいいっぱいになる前に、周りの人に相談したりして、解決の糸口を探っていきましょう。

くれぐれも、焦りは禁物ですよ。
 
 

油絵を鑑賞する夢

 
色鮮やかな油絵を観ているのは、楽しい、嬉しい、といった喜びの感情が沸き起こっているサイン。
あるいは、今後そういった感情になれるシーンが訪れることを示しています。

運気的に見てもとても良い状態です。
ぜひ今のペースを続けていきましょう。

また、特定の色が目についた場合は、その色があらわす意味も踏まえて判断してみてくださいね。

→色の夢の意味
 
 

モノトーンの絵を鑑賞する夢

 
心がくすんでいる暗示。

最近、あまりやる気がでないのではありませんか?
あるいは、やる気があったとしても、それをどう行動に移していいものか、迷いを抱えているのかもしれません。

結果的に、考えが堂々巡りになってしまっているようです。

このままの状態が続いてしまうと、不満やストレスがどんどん溜まっていくことに…。
無理はせず、適度にガス抜きしてくださいね。
 
 

好きな画家の個展に行く夢

 
クリエイティブな能力が高まっている傾向です。
直感やアイディアに磨きがかかっているので、思わぬところからもヒントが得られるかも。

気になったことがあったら常にメモをして、書き留めておきましょう。
それはのちに大きな財産となるかもしれませんよ。
 
 

知り合いの肖像画を鑑賞する夢

 
その人のことをもっと知りたい、近づきたい、といった気持ちのあらわれです。
それがもし、好きな人なら尚更でしょう。

あなたの気持ちは今、その人のことでいっぱいのようです。
あまり執着しすぎて、相手から嫌われないように気をつけたいところですね。

また、嫌いな人の肖像画が出てくるのは、相手のことが悪い意味でその人のことが気になって仕方ないのでしょう。
本来やるべきことに集中するように、意識を変えていくことが大事です。

→夢に出てくる人の意味
 
 

自画像が出てくる夢

 
自意識が過剰になっていることを暗示しています。
周りの人の目を気にしすぎてはいませんか?

自分のことにばかり意識がいってしまうと、大切なことを見失ってしまう恐れがあります。
今は自分のことを脇に置いて、誰かのために尽くすくらいでちょうどいいのかもしれませんよ。

また、もし知り合いに自画像を描いてもらう夢なら、相手からの関心を強く求めていることのあらわれです。
いわば、強い承認欲求のあらわれですね。

行き過ぎた承認欲求は、往往にして対人関係のトラブルを生み出しがちです。
くれぐれも気をつけてください。
 
 

Sponsored Links





絵画をプレゼントする夢

 
『自分のことをわかってほしい』という気持ちのあらわれです。
プレゼントする相手に対して好意を持っているのなら、尚更その意味が強まります。

逆に言えば、相手との関係性に何らかの不満があると言えそうですね。
その気持ちが一方的なものにならないように、慎重になりたいところです。

→プレゼントの夢の意味

こちらもよく読まれています






ABOUT ME
Lumy編集部
Lumy編集部
ライフマガジン『Lumy(ルミー)』の編集部。夢占い、スピリチュアル、心理学を中心にお届けします。