夢占い事典はこちら

離婚する夢の夢占いの意味【強い不安のあらわれ】

夢占い 離婚する夢

「3組に1組の夫婦が離婚する」と言われている昨今。
離婚は、昔ほど珍しいことでは無くなったと言えそうですね。

ただ、だからといって、自分が離婚する夢を見てしまったら…
やはりちょっと動揺してしまいます。

一体なぜ、あなたは離婚する夢を見てしまったのでしょうか?
今回は夢占いでその意味を読み解いていきましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

夢占いで離婚する夢・離婚される夢は何をあらわす?

 
離婚する夢・離婚される夢は、そのほとんどが次の2つに当てはまります。

  1. 別れを恐れる気持ち

    離婚の夢は、相手を失いたくないという不安の象徴。
    「二人の別れ」という最悪の未来が訪れを、潜在的に恐れていることをあらわします。

    逆に言えば、相手はあなたにとってかけがえのない存在であるということ。
    もし、相手の方から「離婚したい」と言われる夢なら、よりその意味合いが強くなります。

    相手に対する愛情と、それに伴う強い執着心があるからこそ、離婚の夢を見てしまうのですね…。

    ちなみに、離婚の夢が実際の離婚を予知するケースはとても少ないようです。
    むしろ夫婦円満な時に見やすい夢とも言われるくらいですので、この夢を見たからといって、そこまで心配する必要はないでしょう。

  2. 相手からの自立

    離婚の夢のもう一つの意味。
    それは、相手からの精神的な自立です。

    あなたはこれまで、心のどこかでパートナーに依存していたのかもしれません。
    ですが、その関係も近々変化を迎えることになりそうです。

    特に、あなたから離婚を切り出す夢なら、あなたが進むべき道を見つけ、自分自身の手で人生を切り開いていこうとする決意のあらわれと言えます。

    といっても、実際に離婚を意味するわけではありません。
    相手との関係が終わるというよりも、新しい関係が始まる、という意味合いが強いでしょう。

 

二人の関係が険悪な時に離婚の夢を見たときは…

 
それはあなたが、相手との関係の修復をあきらめていることを意味します。

だからといってすぐに離婚、という展開にはならないようですが…
夢の描かれ方によっては、注意が必要なケースもあります。

もし、本心から離婚を望んでいないとしたら、早めに何らかの対策が必要です。
 
 

未婚の人が離婚する夢を見たとしたら…?

 
実際には結婚していないのに、夢の中で離婚する夢を見ることがあります。
この場合、あなたが抱く結婚に対する恐れのあらわれと言えそうです。

「もし結婚をしてもどうせ離婚してしまうのかな…」
と不安な気持ちばかりが大きくなっているのかも。

特に、彼(彼女)がいる人は、結婚することによって、今の二人の良好な関係が崩れてしまうことへの恐れているのでしょう。

ただ、この夢を見たからといって、恋愛面の何らかの変化をあらわすわけではないようです。

不安を打ち消すためにも、今の恋を充実させるように集中することが大切です。


ここまで、離婚の夢の大まかな意味について見てきました。

この夢を見たからといって、離婚が現実になるわけではないようですので、安心してくださいね。

では、ここからは離婚する夢のいくつかのシチュエーションについても見ていきましょう。
あなたが見た夢に当てはまるものはないか、チェックして見てくださいね。
 
 

スポンサーリンク

 

離婚届にサインする夢

 
先ほど、「離婚の夢は現実にはならない」とお伝えしたところですが、この夢だけは注意が必要です。

夢占いでは、あまりにリアリティのある夢は、正夢の可能性が高いと言われています。

離婚届にサインするということ自体が、とても現実感がありますよね…。
もしかしたら、本当に離婚を意味する夢なのかもしれません。

他にも、慰謝料について話し合う、財産の分け前について話し合うなど、具体性のある夢を見るのもその可能性があります。

「自分たち夫婦だけは大丈夫」と思っている時ほど注意が必要です。
相手の些細な変化を見過ごしてしまってはいませんか?

この機会に、今後の夫婦関係についてよく二人で話し合った方がよさそうです。
 
 

夫の浮気が原因で離婚する夢

 
夫(妻)の浮気が原因で離婚する夢は、やはり、別れに対する強い不安のあらわれと言えます。

夫婦関係が円満な時ほど、それが壊れてしまう恐怖もまた大きくなってしまうもの。
この夢を見たということは、むしろ、二人の関係は順調と言えるでしょう。

実際の浮気や離婚を暗示する夢ではなさそうですので、そんなに心配しないでくださいね。

なお、あなたの浮気が原因で離婚される夢なら、今の二人の関係にモヤモヤした気持ちを抱えているのかも。

あなたは相手に言いたいことがあるのにうまく伝えられず、ストレスになっているようです。

そのストレスの影響で、離婚という望まない未来を夢に見てしまっているのでしょう。
もっと自分の気持ちに素直になってみてもいいのかもしれませんよ。
 
 

離婚した夫と再婚する夢

 
結婚の夢の意味は、人生の転機。
割合として、女性の方が多く見る夢と言われています。

あなたがすでに離婚した旦那さんと再婚する夢を見るのは、元夫からの決別を意味しています。

もしかしたら、あなたは離婚してからも、前の旦那さんの影響を強く受けていたのかもしれません。
ですが、それももう終わりになりそうです。

この夢は、あなたが新しい人生に向けて、その一歩を踏み出すことを告げています。

いわば、あなたの精神的な生まれ変わりをあらわす吉夢です。
 
 

離婚する夢をよく見る

 
離婚する夢ばかり見るのは、別れの予感が頭から離れない状況を暗示しています。

最近二人の将来について不安を感じてしまうような事件が起きたのかもしれません。
そのせいで、あなたの気持ちが不安定になっているのでしょう。

もしかしたら、すでにあなたは離婚を受け入れている可能性もありそうです。
それぞれの夢のストーリーや、最も印象的な場面を踏まえて、夢が伝えていることを探ってみましょう。
 
 

離婚したくてもできない夢

 
離婚をしたのに、何らかの理由でできない夢は、夫婦生活へのストレスのあらわれ。
ただ、そのストレスは、夫(妻)からというよりも、その家族や周りにいる人物によってもたらされているようです。

もしかしたら、あなたの夫婦関係に、何かと口出ししてくるような厄介な人物がいるのかも。

そのせいで、あなたは二人の将来が不安になっているのかもしれません

このままの状況が続くのは、夫婦にとって好ましくないでしょう。
二人でよく話し合って、状況を改善していく努力をすることが大事です。
 
 

離婚を後悔する夢

 
離婚したこと後悔する夢は、相手から自立する準備ができていないサイン。

あなたは、相手に依存している状態から抜け出す勇気がまだ持てないようです。

何かを変えるということは、これまでを捨て、新しい何かを選択するということ。

もし、現状がなかなか良くならないと感じているのなら、自分は何を恐れているのか、執着しているのか…
一度自分自身とじっくり向き合ってみましょう。


あなたが離婚する夢の意味、いかがでしたか?
最後に、あなた以外の人が離婚する夢についても触れておきますね。
 
 

他の人が離婚する夢

 
誰かが離婚する夢に見るのは、その人物の身辺に変化がある知らせ。
あるいは、人間関係の揉め事が訪れている予感です。

離婚した人物によってその解釈は異なってきます。
 
 

親が離婚する夢

 
父や母の離婚を夢に見るのは、二人の関係に変化が訪れそう。
そして、その変化はあなたに影響があることを告げています。

実際に両親の離婚を予知することは少ないようですが、念のため、注意しておきたいところです。

心配なら、二人に連絡をとってみたり、家族で過ごす時間を増やしてみましょう。
 
 

兄弟・姉妹が離婚する夢

 
基本的に、夢に現れる兄弟・姉妹は、あなたの分身。
つまり、彼・彼女らの離婚は、あなた自身の離婚する夢とイコールです。

あなた自身が抱えている夫婦生活への不安を、夢の中の兄弟の離婚を通して見ているのですね。

ただし、その離婚の様子があまりにリアリテイがある夢なら、彼・彼女らの離婚を予知しているのかも。

夢の印象はもちろん、今あなたが置かれている状況も踏まえて、夢が伝えたいことを判断してみましょう。
 
 

友達が離婚する夢

 
夢占いで友達はあなたの分身として夢に現れます。
友達夫婦の離婚の夢も、基本的にはあなたが離婚する夢と同じと解釈できるでしょう。

ただし、もし友達夫婦の離婚争いに巻き込まれる展開なら、日常生活に混乱が訪れる兆しかも。

直接は関係のないトラブルに巻き込まれ、大変な思いをしてしまいそうです。
周りがどれだけ騒ごうとも、冷静に対応することが混乱を終わらせる鍵となるでしょう。

くれぐれも落ち着いた対応を。
 
 

スポンサーリンク

 

終わりに

 
いかがでしたか?
離婚する夢を見たら、少し頭で考えすぎなのかもしれません。

まずは、夢の中で何が離婚の原因になっていたかなどから、不安の原因を突き止めること。そして、今、自分にできることをがんばることが大切です。

考えるよりも体を動かしたり、人と話すことで不安は自然と薄れていくもの。
離婚の夢をキッカケに、夫婦関係をより良いものにしていけたら素敵ですね。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。