夢占い事典はこちら

【夢占いで泣く夢】その意味と心理を解説

夢占い 泣く夢

泣く夢を見たら、「もしかして悲しい出来事が起きるんじゃ…」と不安になってしまいますよね。

実際、泣く夢には注意が必要な夢もありますが、それ以上に良い意味をあらわす場合が多いようです。

今回は、そんな泣く夢の夢占いの意味について見ていきましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

泣く夢があらわす夢占いの意味って?

 
泣く夢は、感情的なわだかまりやストレス、直面している問題など、あなたの障害となっているものが取り払われることを意味します。

たしかに、現実でも泣くことで気持ちがスッキリすることってありますよね。
夢の世界でも、泣くことがもたらす作用には同じような部分があります。

逆に言えば、それだけ、これまで苦しい状況に立たされていたということなのでしょう。
心が緊張し、泣きたい気持ちをこらえているのかも…。

ですが、そんな日々ももう終わりに近づいているようです。
泣く夢は、あなたを苦しめてきたものは、涙となって流れ落ち、消滅していくことを告げているのですから。

いわば、泣く夢は状況の好転をあらわす吉夢なのですね。


なお、泣く夢には泣き方や泣いている時の感情などによっても、解釈が異なってきます。

そこで、ここからは泣く夢のいくつかのパターンについても見ていきましょう。
あなたが見た夢に近いものがないか、チェックしてみてくださいね。
 
 

スポンサーリンク

 

号泣する夢

 
大泣きする夢は、大きな変化の訪れを象徴しています。
解決をあきらめていたほどの問題も、近々解消する兆しです。

明るい気持ちで新たな一歩を踏み出せるでしょう。
運勢も上昇しているので、行動することが嬉しい結果につながりやすい時期です。

また、夢の中で大粒の涙がとめどなく溢れるのは、あなたの精神的な面での生まれ変わりをあらわすこともあります。

あなたは、これまで何かにずっと縛られ、息苦しさを感じていたのかもしれません。
そんな状況から解放され、伸び伸びと力を発揮できることに。

号泣する夢は、このように様々な面で良い変化を意味する吉夢、と言えるでしょう。
 
 

泣き叫ぶ夢

 
叫ぶ夢は深層心理からのSOS。
泣き叫ぶ夢は、号泣する夢と同じ意味を持ちます。

心に溜まったネガティブな感情が洗い流され、状況が大きく好転する兆しです。
心配や不満が取り除かれ、運気も上昇するでしょう。

特に、激しく泣き叫ぶ夢ほど、その意味が強まります。

【夢占いで叫ぶ夢の意味】深層心理からのSOS?

 
 

嬉し泣きの夢

 
嬉しいという感じる夢は、現実でも喜ばしいことが起きる前兆。
嬉し泣きの夢だとしたら、その意味がさらに強調されます。

運気が高まっているので、仕事や勉強もスムーズに捗(はかど)りそうです。

また、あなたに協力してくれる人が現れる知らせでもあります。
もし失敗しても、誰かがそれをカバーしてくれるので安心です。

本当に嬉し泣きできるような未来がやってくる吉夢となりそうですね。
 
 

感動して泣く夢

 
感動する夢は、心が沈んでいるときに見るもの。
現実では落胆していて、感動=救いを求めていることを意味します。

感動の涙を流す夢は、実際に誰かからの手助けが得られるサインです。
また、あなたを悩ませている問題は、周りの協力によって解決できるという暗示でもあります。

この夢を見たら、周りとの関係に普段以上に配慮するように心がけましょう。
そうすれば、現実に嬉しいことが起きそうですよ。
 
 

悲しくて泣く夢

 
本当に悲しいことがあった時、人は夢の中で悲しみの涙を流すことがあります。
もし、あなたが悲しい気持ちで泣いている夢なら、何かを強く後悔しているのかもしれません。

夢の中で泣くことで、その悲しみを受け止めようとしているのですね。
なお、予知夢の場合は、現実に嘆き悲しむ事態が訪れる前触れになることも。

泣く夢は、基本的には吉夢ですが、悲しくて泣く夢なら要注意と言えるでしょう。
 
 

悔しくて泣く夢

 
夢の中で感じる悔しさは、思い通りにいかない歯がゆさのあらわれです。
ただし、悔しさがバネとなることで、前進するエネルギーが高まっていることを意味します。

そのため、現実では幸運が訪れる暗示になることも。

悔し涙を流す夢を見たら、心に抱えていたストレスや不満が、あなたの原動力になってくれるでしょう。

悔しさが大きいほど、また、大泣きをする夢ほど、あなたが現実を変えられる力を手にすることをあらわします。

この機会を逃さずに、積極的な行動を!
 
 

誰かの前で泣く夢

 
誰かの目の前で泣くのは、その人の前でありのままの姿を見せられていない証拠。
本音でその人と向き合えないあなたの弱さや、見栄、プライドのあらわれです。

また、もしその人に泣かされる夢なら、相手との関係に問題が生じる恐れがあります。
しばらくは、相手に対する言動には注意してください。
 
 

好きな人や恋人の前で泣く夢

 
相手とのコミュニケーションがうまくいっていないようです。
お互いの気持ちがすれ違っている恐れがあります。

相手のリアクションについつい感情的になりがちなのかも。
思いやりの気持ちを忘れないようにしたいところです。

夢占いで好きな人の夢を見る心理や意味について、まとめてみました。

 
 

泣いている自分を誰かが慰めてくれる夢

 
泣く夢で、誰かの慰めを受けるのは、人からの注目を求めている証拠。
好きな人や、身近な人が慰めてくれているのなら、その人からの好意を密かに期待しているのでしょう。

また、実際に人から支援が得られる前触れになることもあります。
慰めてくれる人に対して、特別な感情を抱いていないとしたら、周りからの手助けが期待できそうですね。
 
 

泣きたいのに泣けない夢

 
泣きたいのに涙も出ないし、声も出ない…

そんな夢を見たとしたら、溜まったストレスが吐き出せない現状を暗示しています。
あなたは今、とても苦しい環境にいるようです。

このままでは、心身の調子を崩してしまう恐れも。
少し日常を離れて、適度にストレスを発散してあげてくださいね。

また、実際に何らかの病気などの前触れになるケースもあるようです。
不安な場合は、病院に見てもらいましょう。
 
 

夢から泣いて起きる

 
泣く夢から目覚めると、本当に涙が流れていた…
そんな不思議な夢を見るのは、あなたが自らの不安や不満を受け止め、浄化しようとしているサイン。

現実ではなかなか気持ちの整理がつけられない出来事を、夢の世界で受け止めることで癒そうとしているのですね。

もしかすると、今は少し精神的にも不安定になっているのかもしれません。
目覚めた時に、気分がスッキリしているのなら、気持ちも次第に安定してくるでしょう。

【夢占いで寝る夢を見た時の意味】実はちょっと要注意かも

 
 

人が泣いている夢

 
誰かが夢の中で泣いているのは、その相手に対する関心の高さをあらわします。
実は、あなたのほうが相手からの関心を求めているのかもしれませんね。

いい意味でも、悪い意味でも、あなたは相手のことが気になって仕方がないようです。

感情的になりすぎないように、気をつけたいところですね。
 
 

好きな人や恋人が泣いている夢

 
相手に対する一途な想いのあらわれです。
あなたの目にはもう、その人のことしか映っていないのかもしれません。

が、追いかけられるほど、人は逃げたくなってしまうもの。
一途な想いは、いつしか相手にとって「重い」と受け取られかねません。

本当に長く付き合いを続けていきたいのなら、お互いの気持ちのキャッチボールを我慢強く続けていくことが大切ですよ。
 
 

友達が泣いている夢

 
基本的に、夢占いで友達は、あなたの分身として夢に登場します。
友達が泣く夢は、実はあなた自身が泣いている夢とイコールなのです。

もし友達が大泣きをしているとすれば、あなたの現状の好転を告げているでしょう。
運気も上昇し、感情的にもスッキリできそうです。

なお、その友達に対する強い関心をあらわすこともあります。

どちらに当てはまるのかは、その友達との関係性によって判断してください。
 
 

知らない異性が泣いている夢

 
夢にあらわれる見知らぬ異性は、あなたの恋愛のシンボル。

もし、見知らぬ異性が泣いている夢を見たら、素敵な出会い訪れるチャンスです。
特に、あなたがその人物を慰める夢なら、理想の相手からアプローチを受けられる暗示かも。

あなたの恋愛運アップを意味する吉夢です。
 
 

家族の誰かが泣く夢

 
父親や母親、祖父母など、肉親が泣いている夢を見たら気をつけてください。
その人の身になんらかの異変がある知らせかもしれません。

しばらくは、相手に気配りが必要なことを告げています。
最近会っていない人なら、久しぶりに連絡をとってみましょう。
 
 

赤ちゃんが泣く夢

 
泣いている赤ちゃんは、無力さの象徴。

あなたは、自分のことをその赤ちゃんのように弱くてもろい存在のように感じているのかもしれません。
もし、赤ちゃんが泣き止まないとしたら、どうしていいのかわからず、途方にくれている状態を暗示しています。

ただし、泣いている赤ちゃんをあやす夢なら、誰かの手助けが得られる兆しかも。
赤ちゃんが泣き止むとしたら、よりその確率は高いことを伝えています。
 
 

子供が泣く夢

 
子供は、無邪気さや可能性のシンボル。
その子供が泣いている夢は、あなたがストレスに耐えきれなくなっているサイン。

選択肢がせばまり、自分を押し殺している状態を暗示しています。
特に、子供が泣きじゃくる・泣き叫ぶ夢なら、より警告の意味が強まります。

今の環境そのものを見直すことも含めて、何らかの対策が必要です。
 
 

【夢占いで子供の夢】自分の息子・娘が出てくる意味とは?

亡くなった人が泣いてる夢

 
亡くなった人の夢は、予知的なメッセージを伝えてくれます。
その人が特に親しい人ならば、強いメッセージ性を持つ夢です。

もし亡くなった人が泣いているとしたら、あなたの身に災難が訪れる予兆。
そのせいで、周りからの非難を浴びるなど、厳しい状況に追い込まれる恐れがあります。
くれぐれも、気を引き締めて行動するようにしましょう。

また、体調の異変を知らせる可能性もあります。
少しでも体に異変を感じたら病院で検査を受けておいたほうが安心です。
 
 

亡くなった人が夢に出てきたら【夢占いの意味を解説】

誰かを泣かせる夢

 
誰かを泣かせる夢は、あなたがその人に関心がある証拠。

子供の頃、好きな子をいじめたり、泣かせたりした経験はありませんか?
それと同じことが、夢の中で起きているのですね。

もし、好きな人をあなたが泣かせる夢なら、その人への想いがますます強まっているサインです。

そろそろ正直に想いを伝えるタイミングが来たのかもしれませんよ。
 
 

もらい泣きする夢

 
泣いている人を見て、もらい泣きする夢は、実際に嬉しい出来事がある予兆。
思わぬところで幸運に恵まれて、目標が実現する暗示です。

また、恋愛面においても、素敵な展開が待っていそう。
長年の恋が実るかもしれません。

特に、大泣きする夢ほど、大きな良い変化を体験できるでしょう。
運気上昇をあらわす吉夢です。
 
 

スポンサーリンク

 

終わりに

 
いかがでしたか?
泣く夢を見たということは、これまで相当な我慢を続けてきたということ。

それ自体は素晴らしいことですが、時には思い切って自分をさらけ出すことが大事なのかもしれせんね。

泣く夢を見たことを良いキッカケにして、より自分らしく生きることを意識してみましょう。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。