夢占い

【夢占いで服の夢】色や種類別の意味も解説

夢占い 服
スポンサーリンク






 

服の夢があらわす夢占いの意味って?

 
夢占いにおける衣服は、あなたの社会的な顔

服の夢には与えられた役割や、周囲の人に持たれているイメージなどが反映されています。

オシャレな服装の夢なら、周囲からの評判も上々のようです。
が、違和感のある服装をしているとしたら、周りの人からも変に思われている兆しです。

また、服の夢が「自己表現欲求」をあらわすこともあります。
あなたは周囲から自分への評判や持たれているイメージに納得がいかないのかもしれません。

夢の中の服装が、あなたらしさや本音、本心のあらわれと言えるでしょう。

なお、服装の色や形も、夢を解釈する上で重要なポイントとなります。


では、ここからは服の夢の様々なパターンについてご紹介します。
あなたが見た夢に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。
 
 

スポンサーリンク






 

綺麗な服の夢

 
綺麗な服の夢は、周囲の人に好印象を与え良いことが起きる夢です。

好きな人が入るならこのチャンスに、自分から告白すると良いことがあるかも。
また綺麗な服を購入する夢は、自分にピッタリの仕事など新しい自分を見つけだせる兆しです。

しかしあまりにも華やかすぎる服を着ていると、それは自分に対して自信の無い可能性も。
 
 

汚い服の夢

 
汚い服を着ている夢は、あなたのプライドが傷ついて、心がすさんでいる状態にあることを示しています。
周囲に対して卑屈になっていませんか?
人との付き合い方に少し疲れているかもしれません。

服の夢は社会的な人間関係を表しています。
周囲の人たちから自分がどのように見られているのか、自信を無くし不安な気持ちを持っていると服の汚れとなって現れます。

あなたの周りは敵ばかりではありません。
本当のあなたの良さを理解している人たちがあなたのそばにいることを忘れないでくださいね。
 
 

古着を見る夢

 
古着を見る夢を見た時は、何を意味しているのか分からないという人が多いと思います。

古着の夢は過去や節約などの意味を持つため、過去に対する思いが強いと夢にでて、過去に対する思いが無いと経済的な不安を意味しています。

人によって夢の意味には差があるので、必ずこの意味とは限りませんが、価値の無い古着の夢を見た時はかなりの確率で経済的不安を意味しているでしょう。

着物など和服の古着の夢は、価値あるものに対する欲求を意味しているので、夢に出てくる古着の種類によって意味は変わってきます
 
 

礼服を着る夢

 
礼服は冠婚葬祭に着用されるものですね。
そんな礼服を着ている夢を見たあなたは、礼儀正しい人なのでしょう。

また、常識や伝統を重んじる考え方の持ち主でもあるようです。

常識や伝統を大切にすることは大切ですね。
でも、いつも礼儀正しくしていることは窮屈ではありませんか。

あなたがまじめすぎて、付き合いにくいと思っている人がいるかもしれません。
たまには周囲に冗談を言ってみたりしましょう。

まじめなあなたとのギャップで、違う魅力が発揮されると思いますよ。
 
 

婚礼衣装を着る夢

 
婚礼衣装を着る夢は、おおむね吉兆と考えていいでしょう。
恋愛運がアップし、今まで恋愛に対して消極的だった人も積極的になれるときです。

恋人募集中の人は良い出会いに恵まれる時期なので、チャンスを逃さないようにしましょう。

ただし、既婚者がこの夢を見た場合には注意が必要です。美しい婚礼衣装を身に付けて、幸せな雰囲気に包まれた夢でしたら心配はいらないのですが、もし衣装が破れていたり、夢の中のあなたが暗い表情を浮かべていた場合は、結婚生活や仕事などに不満を抱えている暗示でもあります。

しかし、自分の生活を振り返る良い機会だととらえれば、明るい未来につなげることが可能です。
 
 

▶︎『結婚の夢』の夢占いの意味

 

喪服を着る夢

 
喪服を着る夢は、夢の中で喪服を身に付けていたときのメンタルのコンディションによって、意味合いが少し違ってきます。

もし悲しみに暮れていた場合は、過去に起きた悲しい出来事にとらわれたままの状態であることの暗示です。

しかし、特に悲しみは感じずに淡々としていた場合は、【リセットする】あるいは「新しい自分に生まれ変わる】タイミングにさしかかっていることを意味しています。

喪服は死を連想させますが、実際には古いものを手放し、新しい世界へ飛び込むことの象徴なのです。
 
 

子供服の夢

 
夢に出てきた子供の服は、子供のように自由になりたい、というあなたの願望を表していると考えられます。
現実のあなたは大人で、さまざまのしがらみにとらわれ、自分の自由にできないことに不満を感じています。

しかし、大人である以上、これはしようのない面があります。

だれもが、多かれ少なかれ不自由さを我慢しながら生活しているのです。

ただ、ときには自分を解き放つ方法を模索しましょう。
そうやってバランスをとることで、自分を守ることが大事です。

→子供の夢があらわす意味
 
 

制服を着る夢

 
制服を着る夢というのは、学生時代に戻ってやり直したいという、過去に戻る願望を示している夢です。

この夢を見る人は、今の状態で何か自分に足りないものを感じていて、昔に戻ってやり直して何かの力を身につけたいと思っているのでしょう。

自由でいるとどうしても自分を甘やかしてしまいます。
制服を着て自分を服装から律して禁欲的になり、謙虚になって物事に取り組む姿勢はきっとあなたにとって役立つでしょう。

あなたは自らの姿勢を正して地道な取り組みをしたいと願っています。
 
 

スカートやズボンを履く夢

 
あなたが女性だとして、解説します。

女性のあなたが夢のなかでスカートを履くのは、自分の女性らしさを強調したい、という願望の表れです。

逆に言うと、現実の世界では、あなたの女性らしさが今ひとつまわりから認められていない、とあなたは感じています。

また、女性のあなたが夢のなかでズボンを履くのは、もっと大胆に行動したい、冒険したい、という願望の表れです。

これも逆に言うと、現実の世界では、あなたは行動や冒険を制限されていると感じています。

ただ、現実世界ではだれもがなにかしらの窮屈さとか制約を感じたり、自分のことをまわりから認められていないと感じたりしています。

つまり、現実は自分の思うようにはいかないものです。
だから現実に流されるのではなく、少しでも自分らしさを表現するように努めましょう。
 
 

スポンサーリンク






 

白い服の夢

 
そもそも夢の多くは白黒画像です(これは学術的に研究されています)

色彩のない夢のなかで、その服を「色が白い」と感じたのですから、相当に印象的だったのでしょう。

夢で見る白い服は、あなたの潔癖さや、完全主義を暗示しています。
床にちりひとつ落ちていても癇癪を起してしまう、とか、友人が約束の時間に1分遅れてきても腹を立てる、とか、そういったことに思い当ることはありませんか。

あまりにも杓子定規だと、他人は息が詰まってしまいます。

もう少し肩の力を抜いて、他人のアバウトさを受け入れるようにしましょう。
 
 

黒い服の夢

 
黒い服の夢は厳粛さや威厳を暗示しています。
あなたが現在そういうものを持っている、というより、逆に今は軽薄だから、威厳を身につけたい、厳粛さをそなえたい、と望んでいると考えられます。

少しずれるかもしれませんが、言葉を変えると、あなたはまだ子供っぽいので、早く大人になりたい、と願っている、ということです。

大人になろうとする気持ちは大事ですが、同時に、子どもっぱさには子供っぽさのよいところがあり、大人っぽさには大人っぽさのよいところがある、ということも理解しておいたほうがよいでしょう。
 
 

青色の服の夢

 
夢に出てくる青色は、理性とか知性を表していて、服がそういう色であるというのは、理性や知性を持った人、を暗示しています。

色付きの夢を見るというのは珍しいことですから、あなたが普段から理性や知性にあふれている、ということではありません。

この場合は、あなたがなにか問題となる事象に直面していて、理性と知性にあふれる人が現われて、その問題を解決してくれないだろうか、と切望している、と解釈できます。

ひょっとしたら「なにもかも他人頼みではいけない」、という夢からのメッセージかもしれません。

まずは自分でできる限りのことをする覚悟を持ち、他人にはそれをいくらか手助けしてもらう、という心構えが必要になってくるでしょう。
 
 

黄色い服の夢

 
黄色い服の夢を見たあなたは、これから安定したハッピーな時期が訪れることを暗示しています。
黄色は幸せや幸福を表すカラーです。

もし黄色い服を着用していた場合、幸福を身に纏っているということですので、今後さらに運気は上昇するでしょう。

黄色い服を眺めていた場合、今はまだ運気は平行線ですが、これから必ず幸せな時期が訪れるという表れです。

これから訪れる幸せのためには常に笑顔で、良い行いを心がけることが重要となるでしょう。
 
 

ピンクの服の夢

 
ピンク色には、愛情、女性らしさ、幸福など、恋愛運の高まりを象徴している場合が多く、明るく良い印象のピンクの服でであれば幸運を示す暗示です。

一方、淡いはかなげな色合いの場合、甘く頼りなく不安定なことを示しています。

ピンク色がくすんでいたり、汚れたように見える場合は、色本来が持つ良い意味を持ちませんので注意しましょう。
 
 

服を着替える夢

 
服を着替える夢は、自分の本心や周りからどう思われたいかを暗示しています。

着替えた服がいつもの自分の服とイメージが違う場合、「私は本当は周りからこう思われたい」という本心を服が示しています。

「いつもはシックでかっこいい服を着て周りの人にもクールに接しているけれど、本当は可愛い服も着てみたい。」
「誰かに甘えたり頼ったりしてみたい」

なんてことありませんか。
これを機にイメージを変えて理想の自分に近づいてみましょう。

着替えた服がいつもの自分と同じイメージであれば、日頃から気持ちの安定を保つことが出来ているという事なので、その調子で安定した毎日を過ごしましょう。

また、着替えた服の色が暖色系なら元気ややる気を、寒色系なら冷静さや落ち着きを求めていることを示すので気持ちをコントロールする際、参考にしてみてはいかがでしょうか。
 
 

厚着をする夢

 
厚着をする夢は、自分の弱さや自信の無さを表しています。

自分を守ろうとすることで、周りから人を遠ざけている可能性も強いです。
そして何か隠したい秘密があり、それが暴露してしないかも心配しています。

もっと自分に自信を持ち、人に対して堂々と生きることが大切なことです。

また夢を見たのが冬以外の季節だったら、冬に起こった出来事を振り返ったり、冬に起こる出来事を予測するころもあるそうです。

本当の暑くてたまらない真夏日でも、見てしまう夢だそうです。
 
 

女装する夢・男装する夢

 
女装をする夢は、女性らしさ、優しさ、思いやりを象徴しています。
女装をする事に違和感を感じなければ、夢占いではあなたの人に対する優しさや思いやりが、より前面にでて人に好印象を与えていることを暗示しています。

男装をする夢は、男らしさや勇敢さを表しており、夢占いでは積極性や行動力が高まっていることを暗示しています。
どちらの時期も、大役を引き受けると吉!
運が開けていき、あなたを輝かせてくれることでしょう。
 
 

むりやり服を脱がされる夢

 
服を脱がされる夢は、夢占いでは「自分自身の能力を発揮する」ことができる明るい暗示です。

一見、夢の中のあなたは、服を脱がされる行為自体にとても拒否していると思われます。

しかし、その嫌がる行為には、自分自身の殻を破るために必要となる“内なる強さ”を示唆しています。

つまり、脱がされた時の恥ずかしさが大きければ大きいほど、新たな世界に向かって能力を発揮することが可能となります。

もしも、“古びた服”を脱がされる夢であれば、より輝ける自分の能力を発揮することができるはずです。

心も身体も開け放ち、新たな出会いやチャンスが巡ってくるのをしっかりと掴み取りましょう。
 
 

スポンサーリンク





 

服が脱げない夢

 
服が脱げない夢なんて、イライラ大爆発してしまいそうですね。
これは、そのままの意味があります。

つまりあなたは今とてもイライラしてカッカしているというしるし。
夢の中の服は、どうやらあなたを縛り付けているもののようです。

この縛り付けているものから自由になれないのでイラついているのでしょう。
身の回りに思い当たることがあるのではありませんか。

でも、そんな時は、イライラしては逆効果です。
まずは冷静になって、目の前におこっていることを分析しましょう。

そうすれば、あなたを縛っている服も容易に脱ぐことができますよ。
 
 

誰かが服を脱いでいる夢

 
服を脱いでいる夢は、自由や解放などフリーダムを意味するケースが多いため、誰かが服を脱いでいる夢は他人の自由に対する憧れを表しています。

自分ではなく他人という点がポイントで、自分は自由になれない現実が夢に影響していて、夢を見る人によっては嫉妬の意味を持ちます。

自分自身は自由と感じている場合、誰かという存在が夢に登場するケースが少なく、曖昧な人が夢に出るほど現実世界での劣等感や孤独の意味を持ちます。

その真逆の人は、実際に把握できる人物が登場するため、服を脱いでいる夢の意味を把握しやすい傾向です。
 
 

新しい服を買う夢

 
服は、夢主の社会的な面、地位、役割を表します。
したがって、新しい服は、新たな一面、新たな地位、新たな役割を表します。

近い将来、新たな自分を発見したり、昇進、左遷、異動、転勤、転職といった再出発をすることになったり、学校や会社で新たな役割を担ったりする暗示です。

夢の中で、新しい服を着た際の印象が、現実でも新たな局面を前にした際の心境になります。

新しい服を気に入った場合は良いですが、気に入らなかった場合は、自分で考えていた通りにいかなかったり、出だしが良くなかったりするかもしれません。

いずれにしろ、新しい局面を受け入れることで運気がアップしますので、おそれず変化を受け入れると良い結果につながります。
 
 

他人の服を着る夢

 
他人の服を着る夢は、他人に対する憧れが強いということです。

その人が知っている人ならば、その人に対して憧れを抱いているのです。
明るい人ならばその明るさに、クールな人ならばそのクールさに憧れている感情が現れています。
また他人の服を汚したり破いてしまった夢は、憧れて真似してもその人になれないということです。

無理して作った人の真似は、自分が破綻する時が必ずやってきます。
人の真似をすることに頼らず、やはり自分自身を磨くことが大切です
 
 

▶︎『夢に出てくる人』の夢占いの意味

 

他人の服を奪う夢

 
他人の服を奪う夢は、自分の欲求を抑えられない暗示です。
身近に突然ライバルが現れたり、目標にしていた人になかなか追いつけない。
そんな不安を急に抱える事態なったりしていませんか?

周りが見えなくなることで、あなたにとって大きな損失や損害が起こり得る可能性があるかもしれません。

今一度冷静になって、心を落ち着かせてみましょう。
大きな買い物やうまい話は避け、自分が一番信頼できる相手に相談を持ちかけてみてください。

きっと解決の糸口が見えてきますよ。
 
 

似合わない服を着ている夢

 
似合わない服を着ている夢は、周りに馴染めないことを告げていることです。

身近な人との付き合いが孤立して、どんどん立場が悪くなっていきそうです。
自身の言葉が誤解を招いたり、気付かない内に相手を傷つける言葉を発してしまいがち。

もし、自分が能面のような表情で接していたら、そのことに対しても気を使ったほうがいいでしょう。

自分の何かを変えないと、周りはそのような人だと勘違いしてしまいそうです。
また今着ている服が、着心地が悪い夢なら体調不良を表しています。
見られる自分に対しても、もう少し気を配るように心がけましょう。
 
 

服のサイズが合わない夢

 
「服のサイズが合わない夢」を見た、あなた。

この夢は、今の場所からそろそろ旅立つ必要性があることを、夢は暗示しています。

あなたはきっと長く同じ環境にいましたね。

気の合った仲間や慣れた仕事など、あなたはこのままで十分、ここにいたいと思っているかもしれません。
しかし人間は成長に合わせて新しい所に旅立っていくのです。
それはまるで、服のサイズが合わなくなったら、新しい服を買うように。

どうぞ自分に自信を持って、笑って前に進んでください。
 
 

服を着てない夢

 
夢の中での自分が服を着ていない(裸の状態)は、自己表現や自己顕示欲の高まりを象徴しています。
環境の変化を迎えている時期など、自分に自信がなく、周囲にどう思われているのか不安に感じているような際に、裸になっている自分を恥ずかしく思う夢を見がちです。

置かれた環境に対して無防備である(=準備が万全でない)ことへの警告を示しているとも解釈できます。

しかし、近い未来に、新しい自分に生まれ変わるようなチャンスが到来していることも暗示しています。

つまり、この機会をどう活かすかはあなた次第です。

主張すべきは主張し、引くべくは引くことで、思い描いていた理想に少しでも近づきましょう。
 
 

▶︎『裸の夢』の夢占いの意味

 

服が燃える夢

 
服は自分の身体を守るものです。
身体だけでなく裸になると恥ずかしさもあり、心も燃えさかる炎に焼かれてしまいます。

この夢を見る人は心身の安全を脅かされて燃やされて危機的な状態にあると感じているようです。

しかし危機を自覚しているのはあなたにとって役立ちます。

慎重に行動して火の粉が自分にふりかかってくるのを避けることができれば安全を確保することができるでしょう。

夢は危険を察知して警告してその人を守るという役割を持っています。
夢が教えてくれた予兆を大切にしましょう。

→火事の夢があらわす意味
 
 

大便が服につく夢

 
大便は、金運を表します。大便が服につくというと、一見、不快なイメージがありますが、夢占いでは、運がつくと解釈しますので、近い内、金運がアップしたり、臨時収入が期待できます。

また、今回は服についたシチュエーションですので、服に関する良いことがあるかもしれません。

夢の中で、服についた大便を洗って落としたり、服を脱ぎ捨てた場合、運を洗い流す、運を拒むという意味につながりますので、

効果が半減するまたは未遂で終わる可能性があります。

なお、良い夢の暗示は、夢を見た1週間後に実現する可能性が高いそうですよ。
良い夢を見た時は他人に話さない方が叶いやすいと言われていますので、気をつけたいところですね。

→トイレの夢があらわす意味
 
 

服をプレゼントされる夢

 
服をプレゼントされる夢を見た場合、現状が好転することを暗示しています。
現実世界で仕事や人間関係で問題が起きていたとしても、原因が分かり良い方向へと向かっていくでしょう。

もしも問題がなかった場合は、あなたに良いことが起きる暗示です。
仕事なら結果が評価され昇進するかもしれませんし、新しい出会いがあり恋が始まるかもしれません。

ですが、もらった服のサイズがあなたに合わない場合は、注意が必要です。
周りの人が良かれと思ってしてくれたことで、思わぬ問題が生じることを忠告されています。
人の親切だからといって、なんでもかんでも受け取らないほうが身のためですよ。
 
 

服を買ってあげる夢

 
服を買ってあげる夢は、その相手を守りたいというあなたの気持ちを示しています。

人は、裸でいれば心身ともに外界にさらけ出されて無防備な状態です。
あなたはその相手に服を買って、暑さ寒さ、物理的刺激、人目や恥からその人を守ろうとしています。

その服の種類がどんなものなのかによってもこの夢の意味合いは変わってきます。

無理をして高価な服を与えるのはあなたが背伸びして相手から良く思われたい証拠。

質素でも似合う服を買ってあげるのならば分相応な付き合いを相手との関係の中で考えているということです。
 
 

服を切り裂く、破く夢

 
服を切り裂く、もしくは破く夢は「本心を知りたい」や「自分の殻を打ち破りたい」という気持ちの表れです。

私たちは裸では生きていけません。

夏の日差しや冬の寒さから、服を着ることで守られています。

自分の服を切り裂く、破く夢は、自分を守る鎧や殻を捨てて新しく生まれ変わりたいといった願望を。

他人の服を切り裂く、破く夢は、相手の本心を知ってもっと理解を深めたいといった願望を暗示しています。

特に赤い服が出てくる場合、恋愛面において自分の本心をさらけ出したり、相手の気持ちをよく知りたいといった願望が強く表れています。

もし、勇気が無くて踏み出せない一歩があるのならば、この機会に踏み出してみてはいかがでしょうか。

服を切り裂く、破くといった夢は一見破壊的な夢ですが、裏を返せばエネルギーが満ちている夢と言えます。

想像以上に良い結果がついてくるでしょう。
 
 

服に虫食いの穴が開く夢

 
夢占いで虫は小さな厄介ごとの象徴。
服に虫食いの穴が開く夢を見る人は、ちょっとした厄介ごとに悩まされている暗示です。
あるいは、これから悩まされることになるかもしれません。

ただし、服が大きく破れてしまったわけではありません。
細かなトラブルを解決していけば、服のかけはぎをして修理していくようにあなたも元通りの気持ちになれるでしょう。
 
 

▶︎『虫の夢』の夢占いの意味

 

こちらもよく読まれています