夢占い事典はこちら

夢占いでお祭りの夢【その意味や心理とは?】

夢占い 祭り

お祭りはワクワクするイベントの一つですよね。
夏の花火祭り、冬の雪祭りなど、季節折々で楽しめるのもお祭りの良いところです。

では、そんなお祭りを夢の中でまで見たとしたら?
今回は夢占いでお祭りの夢の意味を見ていきましょう。
 
 

スポンサーリンク
 

お祭りの夢の夢占いの意味って?

 
お祭りは非日常的な体験です。
そんなお祭りの夢を見たということは、あなたが日常生活からは得られない興奮や刺激を求めているサイン。

羽目を外して馬鹿騒ぎしたい、予想外の刺激的なハプニングが起きてほしい、といった願望のあらわれと言えるでしょう。
その裏には、現実への退屈感、ストレス、不満などが渦巻いているようです。

ただ、お祭りの夢はあくまでも願望を反映する意味合いが強く、実際に、気分がスカッとするような変化が訪れることは少ないようです。


では、お祭りの夢には、他にどのような意味があるのでしょうか?
ここからは、お祭りの夢の意味をパターン別に見ていきたいと思います。
 
 

スポンサーリンク
 

一人でお祭りに行く夢

 
お祭りに一人で行く夢を見たとしたら、それはあなたがとても強い疎外感や孤立感を感じているという暗示です。

あなたは人知れず孤独を抱えているのではないでしょうか。
自分の胸の内を気軽に話せる相手がいないことで、心の中に悩み事がたまってしまっているようです。

ただ、やはりあなたから人にオープンならない限り、相手にオープンになってもらうことは難しいでしょう。
最初は勇気がいるかもしれませんが、少しずつ自分の本音や本心をさらけ出していくことが大切です。
 
 

片思いの好きな人とお祭りに行く夢

 
片思いの好きな人とお祭りに行く夢は、あなたの強い願望のあらわれ。
なかなか進展のない関係に、不満が募っているようです。

夢の中でお祭りデートを楽しむ夢ほどその傾向は強まります。

夢の中でしっかり充電ができたら、それを実現するための行動を起こしていきましょう。

ただし、この夢は、稀に『あなた次第で恋が実るかも知れない』という可能性を示すことが…。

もし、その相手が何度も話したことのある人ならば、脈がある可能性は高いでしょう。

相手からアプローチされるのを待つより、あなたの方から食事に誘ったりなどアクションを起こしてください。
それこそ一緒にお祭りに行こうと誘うのも良いです。

夏祭りでも雪祭りでも、ロックフェスでも、相手が好きそうなイベントに誘ってみるのもありですよ。

▶︎『好きな人の夢』の夢占いの意味
 
 

恋人と一緒にお祭りに行く夢

 
本当はもっと彼(彼女)とこんな感じで接してみたい、という願望のあらわれです。

夢の中のあなたは、恋人に対して普段より伸び伸びと接してはいませんでしたか?

お祭りの夢では、あなたの願望が解放されたもの。
いわば、あなたの心の中の理想の恋愛像が描かれているのです。

ただ、現実ではなかなか自信が持てず、どこか恋愛を楽しみ切れていない自分がいるのでしょう。

一にも二にも、あなたに必要なのは自信、と言えそうですね。

▶︎『恋人の夢』の夢占いの意味
 
 

知らない異性と一緒にお祭りに行く夢

 
知らな異性と一緒にお祭りに行く夢は、欲求不満の象徴です。

恋人との関係がマンネリ化していたり、今一歩盛り上がりに欠けていたりと不満を抱いている可能性があります。

また、平凡な日常に飽き飽きしている人もこの夢を見ることが多いです。

変化を求めて車を買い換える、引っ越しをする等アクションを起こしてみるのもありですよ。

大きな行動に出られないという人は、普段と違う道を歩くような小さなことでも自分にちょっとした刺激を与えてあげましょう。

▶︎『異性の夢』の夢占いの意味
 
 

友達と一緒にお祭りに行く夢

 
友達と一緒にお祭りに行く夢は、その友達と更に仲を深めたいという意味です。
その友達が異性の場合は恋を自由に楽しみたいという意味がありますが、現在恋人がいる場合は浮気願望の現れなので要注意です。

更に、友達とお祭りで騒ぐ夢には実生活でストレスが溜まっていることを暗示します。
友達とお祭りで屋台で遊んだ場合は子供時代に戻りたいという意味があります。

夢の展開や、現実のあなたと友達の状況を踏まえて判断してみましょう。

▶︎『友達の夢』の夢占いの意味
 
 

スポンサーリンク
 

遠くからお祭りを眺める夢

 
華やかでエネルギッシュな地域のお祭りですが、楽しく参加できず遠くから眺めている夢を見ることがあります。

そんな時は心の中に大きな穴が開いている心境だったり、強い孤独感を抱えている場合が多いもの。
なんとなく運気が下がり気味な自分を感じているのかもしれません。

孤独や寂しさの中には焦りの感情も隠れている場合もあります。

そういう時こそ自分の心と静かに向き合うことです。

そして、やがてやってくる上昇の波に備えるべく、少しずつ慣れないものにも歩み寄っていくなど、小さな前進を心がける時だという暗示です。
 
 

お祭りで騒ぐ夢

 
お祭りで騒ぐ夢は、どの立場にいるのかで解釈が異なります。

一般人として遊びに行って騒いでる場合、現実に大きなストレスを抱えているようです。
夢の中でははっちゃけて思い切り楽しんでいる様子が表れています。

実行委員会だったり、お神輿を担いで盛り上がっている場合はまた別です。
あなたの言動により、周りの人を明るい気持ちにさせることが出来ることでしょう。

誰かを引っ張っていく立場にもなれそうなので、新しい後輩のお世話役などに任命されるかも知れません。
 
 

お祭りの屋台で遊ぶ夢

 
お祭りの屋台で穏やかに買い物する夢ならばあなたにとって新しい出会いの運気が活発になっている暗示です。
普段行かない場所になどもあえて足を運んでみると、思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。

ただし、夢中になって屋台で遊びに興じる場合は、心の中のどこかで今の生活に不満を感じているサイン。
思いっきりリフレッシュしたい、という欲求が現れているのです。

どんな屋台で遊んでいたのかもよく思い出して、判断してくださいね。
 
 

お祭りで屋台を出店する夢

 
お祭りで屋台を出店する夢は、何人で出店するかによって意味が変わります。

1人で切り盛りしている場合、もっと自分に目を向けて欲しいという気持ちがあるようです。
つまり、自己顕示欲が高まっているのですね。

ただ、他の屋台にはお客さんが集まっているのに、自分の屋台が閑散としていたら、自己アピールが空回りに終わる結果に。
もっと冷静に周りを見る必要がありそうです。

また、誰かと出店している夢は、協力しあって仕事を頑張ろうという意欲のあらわれです。
職場に苦手な人などがいたりするかも知れませんが、あなたは今はそういった合わない人たちともうまくやろうとしています。

屋台に行列ができているなら、あなたの取り組みは成功する兆しです。
その調子で続けていきましょう!
 
 

お神輿(みこし)を見る夢

 
祭りは華やかで活気があることに加えて願い事に対する祭典であることから、運気上昇や大願成就を意味します。

その中でもメインイベントであるお神輿の夢を見るということは、大きなお金を得られたり、大きな目標としていたことが達成するなどのとても縁起のよいことの予兆です。

また、お神輿は多くの人で担ぐものであることから、これから目標に向かって、チーム一丸となって頑張っていき、そしてその目的を達成することも示しています。

仕事の成功であったり、チームにおける勝利なども期待できますよ。
 
 

お神輿をかつぐ夢

 
お神輿を担ぐという行為もとてもパワフルな意味があり、目標やなすべき事の為に先を見据えて行動しようという前向きな意思の表れです。

大人数でお神輿を支えて練り歩いていたのなら、これはあなたが人と人との助け合いの重要性を深く認識している表れです。

今後いつもお世話になっている人や身内の人からの協力や助けを借りる見通しが有るのではないでしょうか。

また、お神輿を多数でかつぐ事は、心のどこかで日頃から接する人や身内の人などに感謝を抱いている表れでもあります。その思いを、是非身近な人に伝えてみるといいでしょう。
 
 

花火祭りの夢

 
花火祭りの夢は、今の自分に満足している状態を表します。

仕事で自分の業績を認められたり、素敵な恋人が出来たりと最近自分の身に良いことがありませんでしたか?
花火祭りはその喜びを象徴するものなの。

しかしこの夢によって安定した未来が約束されたわけではないため、注意が必要です。
どちらかというと驕りのあるときに見やすい夢であり、今後油断すると一点運気が急降下することもあります。

それを防ぐためには、毎日のありきたりな日常に感謝を忘れないようにしましょう。

▶︎『花火の夢』の夢占いの意味
 
 

収穫祭の夢

 
収穫祭の夢は、あなたの努力が良い実りとなる時期が近いことを表しています。

これまでコツコツ積み上げてきたものが、きっとあなたの糧となり将来に役立ちますので、今はまだ気を弛めずたゆまぬ努力を続けてください。

あなたの望む結果が出るまで油断しない事が肝要です。

油断すれば仕事であれ学業であれ、あなたの周囲ライバルたちを喜ばせるだけと考えましょう。

かといって、あまり根を詰めすぎると逆効果ですから休息もきちんと取ってリフレッシュしてくださいね。
 
 

神社でお祭りが行われる夢

 
神社でお祭りが行われる夢は、ストレスが溜まっている時に見たりすることがあります。

歴史的な祭りも多く、とても神秘的なものです。
神頼みをしたくなるくらい辛いことなどは心当たりはないでしょうか。

現実で楽しむ余裕がない分、夢の中でお祭りを満喫しているのです。

夢の中で神様がもう少し休まないと駄目だと忠告をしてくれています。
まさにこんな時はパワースポットなどに行って空気に癒されてください。
以前と比べると気持ちが楽になることは間違いないでしょう。

▶︎『神社の夢』の夢占いの意味
 
 

お祭りに行きたいのに行けない夢

 
お祭りに行きたいのに行けない夢。

なんとも歯がゆい夢ですね。
この夢は、あなたが色んなしがらみがあって不自由であるとなげいていることを示しています。

今の生活が例えあなたの選択した結果のものであっても、不満や不安を抱くことはあるでしょう。
けれど、現状に不満があるのなら、あなた自ら行動するなり自分を変えてみるなど、意識改革が大切かもしれません。

まずは心を落ち着けて、あなたが今望んでいることを整理してみては。
その中から一つずつ叶えていけるように行動してみましょう。
 
 

お祭りが中止になる夢

 
お祭りが中止になる夢は、あなたの心が自由ではない状態を象徴しています。
あなたは周囲から外れてしまうことや、「普通」や「平均」からずれることを恐れていませんか?

何があなたをそのように変えてしまったのかは分かりませんが、あなたは深層心理でそれを窮屈に感じているようです。

自分の心と反対の言動を繰り返していると、自覚しないでも心や身体にストレスを備蓄していくことになります。
備蓄しきれなくなったら今よりもっとあなたが苦しくなるだけなので、もう自由になってはいかがですか。
 
 

お祭りの準備をする夢

 
お祭りの準備をする夢は、コミュニケーション能力がアップしています。
1人でお祭りの準備を進めることは出来ません。

祭りの実行委員会のみんなで協力をしあって当日に向けてコツコツ進めて行きます。
また、踊るタイプのお祭りでもみんなで何度も踊りの練習を重ねます。

その為にはチームワークが必要です。

あなたはちゃんとチームの輪を乱すことなく行動することが出来ます。
自分から考えていることや、意見も言うことが出来ると運気がアップします。
 
 

お祭りで踊る夢

 
お祭りは誰でも楽しめる場です。
そんな場で楽しく踊っている場合には、あなたの対人運が上がっているサイン。

これからやろうとすることも周りの協力を得て、成功へと進めるでしょう。
大勢の人と踊るほど協力も得やすいです。

しかし、もしも一人で踊っていたり、楽しそうでない、うまく踊れて入ないとなると、対人運の低下やコミュニケーションでうまくいかなくなることがありそうです。

また、他の人へ嫉妬を感じるなどマイナスな気持ちの気配が見えています。
夢の状況を踏まえて、気持ちの整理と周囲の人へ思いやりのある行動をしていきましょう。

▶︎『ダンスを踊る夢』の夢占いの意味
 
 

お祭りで太鼓を鳴らす夢

 
お祭りで太鼓を鳴らす夢は、二通りの意味があります。

一つは運気の上昇。
あなたの前にヒーローが現れて、悩みやトラブルから助けてくれます。
他人の善意や情けを無下にしないように、きちんと感謝の気持ちを示しましょう。

もう一つは、あなたが溜まりに溜まったストレスを発散させたいと思っている暗示です。
あなたがどの程度自覚しているのかは分かりませんが、かなり精神的にキツイ状態にいるようです。

早急に身体を動かしてストレスを発散させた方がいいでしょう。
 
 

お祭りで雨が降る夢

 
お祭りで雨が降る夢は、成功を求めて頑張っている反面、癒しを求めている心理状態の表れです。

目標を持ちそれに向かって進んでいくのは素晴らしいことですが、時に精神的にも肉体的にも疲れが生じます。

まさに今はそのときで、疲れた心と身体をきちんと労ってあげましょう。
心配せずとも凶夢ではなく、目標達成はすぐそこだと捉えて問題ないです。

ただし無理を重ねることで、積み上げてきたものが崩れる恐れは否めません。
安心して成功を迎えるためには、自分を大切にすることも忘れずに。

▶︎『雨の夢』の夢占いの意味
 
 

スポンサーリンク
 

まとめ

 
いかがでしたか?
お祭りの夢を見たら、自覚がない場合でも、実はかなりストレスが溜まっているのかもしれません。

少しまとまった休みをとって、思いっきりフレッシュしてみましょう。
心も体もリセットすることで、運気も回復していくはずですよ。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク