MENU
夢占い

【夢占いで香水の夢】その香りがあらわす意味とは?

夢占い 香水

香水をつける人にとって、香水はとても身近なものですよね。
お気に入りの香りを身にまとうことで、気分もちょっぴりハッピーになれるもの。

が、香水をつけない人にとっては、『なんであんな臭いものつけるんだろう…』と思っている人もいそうです。



このように人によって感じ方の違う『香水』が、夢の中でとても印象に残ったとしたら?
今回は夢占いで香水の夢について調べてみました。
 
 

香水が出てくる夢の意味って?

 
香水は、大きく分けて次の2つの意味をあらわします。
 

  1. 自己顕示欲

    自分をよく見せたい、評価してほしい、という気持ちが、香水の夢となってあらわれることがあります。
    つまり、自己顕示欲の象徴ですね。

    逆に言えば、自分の中に満たされない何かがあると言えそうです。

    また、単純に『モテたい!』という願望を強烈に反映している場合も少なくありません。

  2. 人からの評価

    香水の香りが、そのまま人からの評価を暗示することもあるようです。

    基本的に、心地よい香りであれば、周りからよく思われているサイン。
    好感度が高い証拠となります。

    反面、お世辞にも良い香りだと言えない場合は、周りから煙たがられている可能性が。

    一度、自分の態度や振る舞いを冷静に見つめ直すべきでしょう。

 


 
香水の夢を見たら、以上のことに気をつけたいところですね。
では、ここからは様々なシチュエーションごとの意味についても見ていきましょう。
 
 



香水をつける夢

 
自分の体に香水をふりかける場面が印象に残るのは、周りからの印象を良くしたいという気持ちのあらわれです。

その香りがとても良いものであれば、実際に人気がアップしそうな気配。
今考えている、あるいは取り組んでいる作戦がうまくいきそうですよ。

ただし、嫌な感じがする香りなら、自己アピールが逆効果になってしまいそう…。
嫌われたくないのなら、あまり変わったことはしないほうが身のためかもしれませんね。
 
 

デートに行く前に香水をつける夢

 
異性を誘惑したい心理のあらわれです。
また、相手を思い通りに操りたいという願望を意味することも。

いずれにしろ、少し自己中心的な考えが先行している傾向です。
相手の気持ちをないがしろにしてしまわないように気をつけたいところですね。

特に、つけた香水の香りがキツイ場合は尚更です。

→デートの夢の意味
 
 

どの香水にしようか迷っている夢

 
つける香水をすぐに決められないのは、八方美人になりがちなことへの忠告です。
誰からも好かれようとして、無理をしていませんか?

人にはそれぞれ個性があるため、その個性を捻じ曲げてまで相手に好かれようとすると苦しくなってしまうもの。
自分を偽らず、良さを伸ばしていく方向に考えたほうが良さそうですよ。
 
 

爽やかな香水をつける夢

 
自分の魅力が十分にアピールできる暗示です。
周りからの評価が高まったり、素敵な恋愛をゲットできそうですよ。

魅力を発揮できると、人は自然と輝きます。
輝いているあなたには、きっとたくさんの人が集まってくるでしょう。

ただし、ここからが本番です。
少しうまくいったからといって、慢心してしまわないように気をつけること。
 
 

甘い香水をつける夢

 
人に媚びを売っていませんか?
また、女性だとぶりっ子気味になっている傾向です。

その香りが心地よいものであれば、周りからの人気が得られそう。
意中の彼を夢中にさせらるかもしれませんね。

ですが、甘ったるい香りに嫌悪感を抱くとしたら、あなたの態度が不評を買ってしまう暗示。
無理に自分を作らないようにしたいものですね。
 
 

刺激の強い香水をつける夢

 
日常生活に退屈している暗示です。
その反動から、何らかの強い刺激を求めているのでしょう。

恋人がいる場合、浮気やワンナイトラブへの憧れがあるのかも…。

ただ、刺激が強くてキツい香りなら要注意。
羽目を外しすぎて、トラブルを引き起こしてしまいそうです。

派手な刺激を求めるのもいいですが、一見地味でも、何か新しい楽しみを見つけたほうがいいのかもしれませんよ。
 
 

香水をつけすぎる夢

 
少しつけるならとても良い香りなのに、つけすぎると悪臭になってしまうところが、香水の怖いところでもありますよね。

それと同じように、この夢はあなたの自己アピールが過剰になりすぎて、逆効果になっていることを忠告しています。

このままだと、やればやるほど嫌われてしまいそうです。
周りから人がいなくなる前に、バカな真似はよしましょう。

なお、周りの人が香水をつけすぎて臭い、という場合は、自分よりも目立つ人への嫉妬の思いがあるのかもしれません。
 
 

香水の香りがしない夢

 
つけてもつけても全然香りがしない…

そんな香水の夢を見たら、要注意です。

この夢は、あなたの自己アピールが全く効果がないことを暗示しています。

ひょっとすると、仕事相手や、恋愛相手に、的外れなアプローチをしてしまっているのかも…。
何となく、思い当たる節はありませんか?

もし少しでも不安に感じたら、ただちに自分の振る舞いを直すように心がけましょう。
まだ嫌われているわけではなさそうですが、早めの対応が肝心です。
 
 

花の香りの香水をつける夢

 
恋が訪れる予感です。
その香りが美しく、心地よいほど可能性が高くなるでしょう。

もし、ずっと片思いの人がいるとしたら、その人と結ばれる日は近いのかも。
とても嬉しい吉夢となりそうですね。

ただし、その香りに不快感を感じたとしたら、色恋沙汰のトラブルに注意です。

→花の夢の意味
 
 

瓶に入った香水が出てくる夢

 
瓶の中の香水は、あなたの『魅力』のシンボル。
ただ、その魅力はまだ解放されてないことを伝えています。

つまり、この夢は、『もっと自分の魅力に目を向けて!』というメッセージ。
あなたには、まだまだたくさんの可能性があるということです。

周りに目を向けることも大切ですが、自分自身のこともしっかり見てあげてくださいね。
 
 

香水を買う夢

 
対人運アップを暗示しています。
周りの人たちとの関係が良好になり、充実した日々を過ごすことができそうですよ。

特に、人間関係に悩んでいる時に見たら、とても嬉しい夢ですね。
仕事や恋の不調も、これで一気に解決してくれるでしょう。

→買う夢の意味
 
 

香水を褒められる夢

 
自分がつけている香水のことを、「いい匂いだね」と言われる夢。
これはやはり吉夢となります。

狙い通り、周りの人たちからの人気を獲得できる暗示です。

褒めてくれる人物が意中の相手なら、恋愛成就の可能性も。

あなたはまさに絶好調な状態です。
自信を持って行動していきましょう。
 
 

異性に香水をプレゼントされる夢

 
近々愛の告白がありそうな予感。

誰かがあなたに好意を抱いてくれているようです。
知り合いの異性から香水をもらうなら、その人物からアプローチされることに。

あるいは、知らない人から香水をプレゼントされるなら、とても素敵な出会いに恵まれる暗示かもしれません。

いずれにしろ、恋愛運が最高潮に高まっています。
このチャンスを逃さないでくださいね。

→異性の夢の意味
 
 

香水をプレゼントする夢

 
その人に自分の魅力をアピールしたい、という気持ちのあらわれです。

知り合いに渡すなら、あなたがその人にかなり入れ込んでいることを意味します。

相手が喜んで受け取ってくれるなら、その気持ちは叶うサイン。
逆に、相手があまり嬉しくはなさそうなら、内心迷惑がられてしまいそうです。

まずは相手の反応によく注目すること。

→プレゼントの夢の意味
 
 

香水を捨てる夢

 
新しい自分へと生まれ変わりたい、という願望を暗示しています。

別の表現をするならば、もっと違う魅力を身に付けたい、発見したいということです。

それだけ意欲が高いことを意味しますが、場合によっては現実逃避がちになっているのかも。

本当に今の自分ではダメなのか、もう一度よく考えてみる必要があるでしょう。
 
 


香水の瓶が割れる夢・香水をこぼしてしまう夢

 
これまでの努力が水の泡になってしまいそう予兆です。
特に、自分の過失(ミス)によって香水を無駄にしてしまうなら、その確率はかなり高そう…。

とても辛い状況ではありますが、まだすべてが終わったわけではありません。
一通り反省して、気持ちに区切りがついたら、次のステップに進むこと。

立ち止まっていては、本当にすべてが無駄になってしまいますよ。

こちらもよく読まれています


ABOUT ME
Lumy編集部
ライフマガジン『Lumy(ルミー)』の編集部。夢占い、スピリチュアル、心理学を中心にお届けします。