夢占い

【夢占い】夢の中で夢を見る意味!12のシーンを解説

夢の中で夢を見る

夢の中で夢を見るなんてとても不思議な体験ですよね…。
一体夢は何を伝えているのでしょうか?

今回は夢占いでその意味に迫ります。
 
 

Sponsored Links






 

夢の中で夢を見る意味って?

 
夢の中で夢を見る、いわゆる二重夢(多重夢)は、心に強く残っている印象深い出来事がある時に見るもの。

たいていの場合、『どうか夢であって』と思いたいような心配事があるときに、夢の中で夢を見ます。

あるいは、反対に、「こうなりたい」という強い願望が、夢の中の夢として登場することも。
それだけに、現実には不満が溜まっていると言えるでしょう。

色々なことを抱えているけど、今一度客観的に物事を見つめて選択すべき時です。

なお、過去体験した出来事が夢に出てきたときは「その体験の辛さは既に過去のものである」ということを告げています。
心の整理をしてその辛さから脱却し前向きに進むことができる良いチャンスだという暗示です。


いかがでしたか?

夢の中で夢を見たら、落ちついて状況を整理するように心がけたいですね。

では、ここからは、夢の中の夢の意味をシーン別にご紹介します。
最近見た夢に近いパターンがないか、チェックしてみましょう。
 
 

Sponsored Links






 

夢の中で『夢を見ている!』と気づく

 
より冷静に客観的に自分を見つめようという心理のあらわれです。
かなり感覚が研ぎ澄まされているので、普段なら気づけないことに気づける時期です。

もし、何か夢を通して気づいたことがあったとしたら、おそらくそれは正しい気づきです。
問題の本質や、解決につながる手がかりが得られたと見ていいでしょう。

目覚めたら忘れないうちに感じたことや夢の内容をメモしておきましょう。
きっとあとあとその情報が役に立つはずですよ。
 
 

夢の中で夢の話をする夢

 
抱えている孤独感や、誰かと会話を楽しみたい気持ちが反映されています。

誰かにもっと話を聞いてもらいたいのに、聞いてもらえる相手がいないのかも。
あるいは、誰にでも話せないような秘密を抱えている可能性もありそうです。

夢の中で話している時間の長さは、感じている寂しさに比例しています。

もし、周りになかなか本心を話せる人がいない場合、ネットのチャットなどでもいいので誰かとコミュニケーションを取るのをオススメします。
少しは寂しさから気を紛らわすことができるはずですよ。

また、深刻な悩みなら専門機関に相談してみること。
 
 

夢の中で夢を思い出す

 
今、自分を客観的に見て物事を判断しなければいけないと考えているのではないでしょうか。
そうすることで現状を打開したいのかもしれませんね。

それは確かに間違いではないのかもしれませんし、むしろ現状打開するには有効な方法だと言えます。
けれど、もう少しリラックスした方が良さそうです。

睡眠時にそのような夢を見るのは、精神的に疲れている証拠でもあります。
心身がいつでも緊張している状態では、上手くいくことも上手くいかなくなってしまうもの。

すぐには難しいかもしれませんが、まずはリラックスできる状態を整えることが先決です。
 
 

夢の中の夢を見ていて、なかなか起きれない

 
現実逃避の気持ちが強まっている暗示です。

今、とても苦しい状況におかれていて、そこに立ち向かうだけの勇気が持てないようです。
夢の中に逃げ込みたいくらい心が弱まっているのかもしれません。

こういうときは、無理をして何かをするよりも、まずは休むことです。
立ち上がれるだけの力をもてるまで、それこそ寝て待つのもひとつです。
しっかりとした休息をとりましょう。
 
 

Sponsored Links






 

夢の中で金縛りになる夢を見る

 
金縛りになる夢を見た場合は、とても苦しいものです。
それがたとえ、夢の中で見る夢だったとしても同様でしょう。

多くの場合が「体が全く動かない」または「体の一部が動かない」「声が出せない」「言葉が出ない」など、自分にとって窮地と言える状態になります。

夢の中で声や言葉が出ない夢を見るのは、周囲に信用できる人がいない状況を暗示しています。
プライベ-トや仕事の面で悩みを抱え、「もうギリギリだ」「これ以上は無理」という現実に直面していて、心に解決しきれない葛藤や悩みなどがあるのではないでしょうか。

金縛りからの夢から一度覚めたものの、うとうとしてまた金縛りの夢を見てしまう場合は、さらに危険です。
今の状態から抜け出すためにも、早急に環境を変えるなどの対策をしてください。

周りに相談できる人がいないとしたら、専門のカウンセラーなどに頼ることも検討してください。
 
 

夢の中で怖い夢を見る

 
要注意です。

疲れやストレスが限界に近づいています。
さらに悪いことに、自分自身では疲労困憊の状態にあることに気づいていないようです。

まずは、大きく深呼吸して振り返ってみてください。

「疲れた」という弱音を吐いてはいけないと、これまで自分にずっとムチを打っていませんでしたか?

そのまま突っ走ると隠れている病気に気づかなかったり、大病に繋がってしまう不調を抱えてしまうことになりかねません。
もう無理はやめて早急に休養をしてくださいと言うメッセ-ジです。

▶︎『怖い夢』の夢占いの意味
 
 

夢の中で楽しい夢を見る

 
現実の生活の中で漠然と「なんとなく味気ない」とか「拒絶するほどではないけど好ましくない」という不満がくすぶっているのではないでしょうか。

少し難しいことかもしれませんが、自分を客観視して意識的に選択するものを変えていきましょう。
そうすることで、現在よりもずっと楽しかったり嬉しい環境に変えられる、という暗示です。
 
 

夢の中の夢に実際に起きた嬉しいことが現れる

 
運気の回復を暗示しています。

辛い状況にある時ほど、とても良い意味を持つでしょう。
悩みや問題が解決し、これから運気がどんどん上昇していくはずですよ。

前向きな気持ちでいることが、さらなる良い流れを引き寄せてくれます。
夢の中で見た夢からもらった幸せな気分を、現実でも引き継ぐように意識してみてくださいね。
 
 

夢の中の夢に実際に起きた嫌なことが現れる

 
凄く目覚めが悪くなりそうですが、その出来事で深く傷付いてしまっているから夢にも出て来るのです。

メンタルの状態が夢に反映されたりすることは珍しくはないです。
人間は簡単に忘れられないこともあって当然です。

無理して考えないようにすることは出来ませんが、時間が経過すればある程度は落ち着きます。

少しでも気の紛れるようなことを探して、時間が過ぎることを待つのみです。
時間が掛かる場合もありますが、大抵のことはどうでもよくなってしまいます。
 
 

夢の中でやらなければならないことをする夢を見る

 
責任感が強い人は見ることが多いと言われています。
逆に無責任な性格の人はこのような夢を見たりすることはありません。

なんとか頑張らなければという気持ちが寝ても覚めても心の中にあるようです。
精神的にも追い詰められている部分があるようですが、あまり追い込まないようにして下さい。

考え込み過ぎると幸運があっても見えなくなってしまいます。

困っているのならば誰かに助けてもらったりすることもありです。
早めに片付けてしまえば悩まなくても済みます。
 
 

夢の中で成功する夢を見る

 
多重夢は物事や自分を客観的に見たいとどこかで感じている場合に見ることもあるそうです。

何かを成功させるために、広い視野でその方法を探っている様子とも言えますので、その努力を油断せずに続けてみましょう。

成功した自分をイメージするとうまく行きやすいですよ!

一方で、成功に対する執着が強い場合にもこの夢を見ることがあります。

ゴールに向かうことばかりに目が眩んでしまっている警告夢だと感じたなら、一度初心に帰ることを心がけましょう。
 
 

夢の中で宝くじに当たる夢を見る

 
夢の中で宝くじに当たる夢を見るのは、強い金銭欲のあらわれ。
また、他力本願になっていることへの忠告でもあります。

高額な宝くじが当たる夢ほど、その傾向が強まります。
正夢になるケースは低いようですので、あまり期待しすぎないほうがよさそうです。

▶︎『宝くじの夢』の夢占いの意味
 
 

夢の中で失敗する夢を見る

 
夢の中で自分が失敗してしちょっとした焦りや挫折感を見せられることで「このままの自分ではいけない」という思いを持ち、自分にとって良い将来の展望をもたらすためのトレ-ニングだと捉えるのが良いでしょう。

多重無の中で見る夢の多くは「冷静になって自分を見つめなおするのが良い」というメッセ-ジです。
過去の失敗にとらわれず日々新しい自分を刷新していくことができるという知らせです。

あまり心配しすぎないでくださいね。
 
 

夢の中で失恋する夢を見る

 
彼(彼女)を失うことへの不安のあらわれです。
実際に失恋するわけではありませんので安心してください。

ただ、今の二人の関係をさらに良くするにはなんらかの工夫が必要かも。
それを考える良いキッカケにしたいものですね。
 
 

Sponsored Links





 

まとめ

 
夢の中で夢を見たとしたら、それが良い内容であれ、悪い内容であれ、まずは気持ちを落ち着けることが大事です。

冷静に自分の心と向き合って、今身の回りで起きていることを一つ一つ整理していきましょう。

その際に、一旦紙に書き出してみることをお勧めします。
また、紙じゃなくても、スマホのメモ帳なども活用するといいでしょう。

書くことで、頭の中にあるものがどんどん外に出ていってスッキリする感覚が得られるはずですよ。

それでは、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらもよく読まれています