夢占い事典はこちら

夢占いで占い師が出てくる夢が伝えている意味

夢占い 占い師

占い師が夢に出てきたら、とても印象に残りますよね。
何か重要な意味を持つ夢に思えてしまいます。

そして、その予感はおそらく当たっているのかもしれません。
今回は、夢占いで占いの夢があらわす意味について見ていきましょう。
 
 

スポンサーリンク

 

占い師の夢があらわす夢占いの意味って?

 
夢に登場する占い師は、大きく次の2つを象徴しています。

  1. 内なる声

    夢の中の占い師は、あなたの直感の代弁者。

    占い師の言葉は、内なる声をあらわしたものです。
    よくその言葉を思い出してください。

    そこには、今のあなたにとって必要なヒントやアドバイスが示されているはずですよ。

    また、占い師の夢は、あなたが転機を迎えている時によく見るようです。
    就職や進学、結婚など、あなたは今、何らかの人生の岐路に立っているのかもしれません。

    二者択一の切羽詰まった選択を迫られているのでしょう。
    そのことに対する迷いの気持ちが反映されていると言えます。

  2. 協力者

    占い師は人生の助言を与えてくれる存在。
    あなたを導いてくれることから、親や先生などに代表されるような協力者の象徴でもあります。

    とても感じの良い占い師と出会う夢なら、実際に協力者が得られる兆しとなります。
    その人物のおかげで、現状の突破口が見つけられそうです。


いかがでしたか?

占い師の夢を見たら、とても重要なことを伝えている可能性が高そうですね。
よく夢の内容を検討してみましょう。

では、ここからは占い師の夢の様々なパターンごとの意味をご紹介します。
あなたが夢に近いものがないか、チェックしてみてくださいね。
 
 

スポンサーリンク

 

占いの結果が良い夢

 
占い師に占ってもらう夢でその結果が良いものだった場合、夢があなたの決断を後押ししてくれているサインです。

すなわち、

良い結果の占いの夢=あなたの心が望んでいる事がハッキリしている

ということ。

どうしたいかはもう決まっているはずです。
自分の心の声に耳を傾けて、結果を恐れずに進んで行って下さい。

きっと幸せが待っているはずですよ。
 
 

占いの結果が悪い夢

 
占いの結果が悪い夢というのは、いわゆる逆夢で、あなたは危険を避けて何かのチャンスを手に入れることができることを暗示しています。

新しく価値あるものを入手する際には自分の努力や苦労、人からのねたみや嫉妬のような乗り越えるべき課題がつきものです。

何かを成し遂げるには注意深くなり、障害を避ける必要があります。

占いに出てきた悪い示唆は、それを避けることによってあなたが成功できる可能性を示唆しています。

今大変だとあなたが思っている時期であればそれは必ず乗り越えられるものだということを信じてください。
 
 

占い師に「結婚できる」と予言される夢

 
占い師に結婚出来ると予言される夢を見た貴方は、実際に結婚を意識しています。

しかし、どこかに迷いがあるのではないでしょうか。

「この人で本当にいいのかしら?
「時期はいつにしたら良いのかしら?」

などなど、色々と悩んでいるのかもしれません。
もちろん、一生の問題ですから気にならない方が珍しいですよね。

この場合、占い師はあなたの心を映し出しています。
自分では迷っていると思っているだけで、答えはもう、わかっているのです。

この夢はあなたの選択が良い結果を導き出す夢です。自分の心に正直になりましょう。

→結婚の夢の意味
 
 

占い師に「病気になる」と予言される夢

 
夢で占い師に病気になると言われたあなたは、心に葛藤を抱えているようです。
それに伴うように、運気もややダウン気味の様子。

その原因が体調不良によるものかストレスによるものかなど、様々なケースが考えられます。

この現実から逃れたいと言う、逃避の心が夢に現れているのかもしれません。

運気がダウンしている時は、少し前向きに考えてマイナスの気を吹き飛ばしましょう。

この夢は、あなたなら乗り越えられるという心の内なる声なのです。

もし本当に体調が悪い時は迷わず病院に行きましょう。

自分で悩まずに身近な人に相談する事も大切です。

「ピンチはチャンス」と言います。
気に病みすぎず、明るい心で前に進みましょう。

→病気の夢の意味
 
 

占い師に「死ぬ」と予言される夢

 
占い師のところには運命を知りたくて訪れるのですが、その占い師に死ぬと予言されたのは、不吉に思えます。

しかし、実はあなたにさまざまな変化がやってくる可能性があるという夢なのです。

例えば、これまでの自分ではできなかったことができるようになったり、必要がだったものが不要になったり、といった具合です。

人にはさまざまな長所と短所が誰にでも必ずあります。
これまでの自分の性格をよく見つめ直してみましょう。

あなたが精神的に大きく生まれ変われるチャンスですよ。

→死ぬ夢の意味
 
 

信用できそうな占い師の夢

 
夢に出てきた占い師はどんな人でしたか。

あなたが、この人なら大丈夫と思う占い師だった場合、運気が上昇することでしょう。

落ち着きがあり信頼できる占い師ならば、確実に運気は上がります。
また、年配の占い師であれば、運気の上昇を助けてくれるアドバイザーが現れることを意味しています。
目上の人からの後押しを得られる兆しですので、とても良い夢だと言えますね。

今は少し不安な恋愛や仕事でも、きっと上手くいくと信じて進んで行って下さい。
明るい未来がそこまできています。
 
 

占い師がインチキ臭い夢

 
インチキ臭い占い師の夢を見たとき、目覚めは決して良いものではなかったはずです。
占い師はあなたの心の内なる声。

怪しい占い師の夢を見たら、「人を当てにしてはならない」と言う夢からの警告だと思って下さい。

また、あなたの迷いや不安がこの夢を見せる事もあります。

何か思い悩んでいることがあるのではないでしょうか。

恋愛でも仕事でも、答えの見つからないものが多くあります。
そんな時はどうするか。

まず、人の言葉はあくまでも参考程度に考えましょう。

自分の道は自分で見つけるのだと言う強い心で進んで下さい。
きっと良い答えが見つかるはずですよ。
 
 

占い師のいいなりになる夢

 
占い師のいいなりになる夢を見たあなたは、今自分が置かれている状況を自分で自由にコントロールすることができなくて行き詰まりを感じていないでしょうか。

そういった際には、自分の運命を自分で決められない、いっそのこと誰か決めてくれる人に運命を投げ出したいと思うものです。

こういった、他人に運命を決められてしまう夢を見るときには、投げやりな気持ちになっていることもあるので、今の状態が本当にいいのかよく考え直すことが必要です。

自分の人生の主導権は、しっかりと自分の手で握りましょう。
 
 

占い師に見てもらおうか迷う夢

 
占い師に見てもらおうか迷う夢を見たあなたは、実際に何か大きな決断に迫られているか、またこれからそう言う事が起きることを暗示しています。

夢に登場した占い師はあなたの内なる声、いわば分身です。

ひょっとしたら自分で決断する事が怖いのではないでしょうか。
また、先の見えない不安に押しつぶされそうになっているのかもしれません。

でも、安心してください。
周りの人達の中にあなたを助けてくれる人がいます。
特に、あなたより年上の人で、親切に助言して下さる方がきっといるはずです。

その方の言葉を素直に聞いてみて下さい。
そして、自分の心に話しかけ決断は自分でしましょう。

きっと素晴らしい未来が待っているはずですよ。

▶︎『迷う夢』の夢占いの意味

 

占い師の水晶が気になる夢

 
占い師に占いをしてもらっている夢は、あなたが迷いの中にいて、本来なら自分で解決しなければいけないことを、他人任せにしていることのあらわれでもあります。

そして、夢に出てくる水晶はあなたの内面をあらわします。

夢の中で、占いをしてくれている占い師の水晶が気になってしょうがないというのは、自分自身の内面をよく見てみましょうという意味です。

あなた悩みを解決に導く答えは、誰かから与えられるものではなく、あなたの内面にありますよ、という夢からのメッセージなのですね。
 
 

占い師にタロットで占ってもらう夢

 
夢占いにおいてタロットカードは、「迷い」の象徴。

占い師が出てくる夢でタロットで占ってもらっていたとしたら、迷いの心がかなり濃厚です。

何かを決断しようと思っているのですが、なかなか踏ん切りがつかないのではないでしょうか。

また、タロットカードは「誰かに助けてもらいたい」との依存心のあらわれでもあります。
迷うあまり、決断を投げ出したくなっているのかもしれません。

ここは、ひとまず冷静になりましょう。
そして、気持ちが落ち着いて余裕のある状態になった時、改めて考えてみることです。

おそらく、ふっと直感的に出てきた答えにこそ、あなたにとっての真実があります。
 
 

占い師にだまされる夢

 
占い師にだまされる夢は、自分に不安や悩みがある時に見るようです。

親しい人や、恋人などが自分を裏切っているのではないか。
または、今は良い関係を築いているけれども、いずれ裏切られるのではないか、だまされるのではないか、という不安があなたの中に潜んでいるようです。

また、あなた自身が近い将来、嘘をついたりごまかしたりして、その場の状況を乗り切らなければいけない状況が訪れることも暗示しています。

そのような事態に陥らないよう、あらかじめ対策を立てましょう。
 
 

何度も占い師の夢を見る

 
何度も占い師が出てくる夢というのは、あなたが今、どちらを選ぶべきか、または、どうすれば問題が解決するのか悩んでいるサイン。

できることなら誰かに助けてほしいと思っている状態のようです。

結婚や就職など、人生の選択に迷ったときに占いの夢を見ることが多いのですが、何度も占い師が夢に現れるというのは、現実の世界で、あなたの悩みを解決に導く人物が現れることを暗示しています。

何度も現れるということは、あなたが気づいていないだけで、協力者はもうすぐ近くにいるのかもしれません。

よく周りを見渡してみましょう。
 
 

占い師に呼び止められる夢

 
夢に出てきた占い師は、もう一人の自分やあなたを助けてくれる存在を暗示する夢です。

もし占い師に呼び止められる夢を見たならば、あなたの身近な大人、例えば親や職場の上司、学生の方ならば学校の先生などが、あなたの協力者となってくれることを示しています。

恋愛や仕事や学校の友達のことなど、助けてもらいたいと思っていることがあるはずです。

その解決策を教えてくれる人がいますので、素直にまわりの人の意見に耳を貸しましょう。

きっと現状を打破する方法を教えてくれるはずですよ。
 
 

スポンサーリンク

 

占い師になる夢

 
過去や未来を知る人物である占い師。

いわば自身の代弁者でもあり夢の中で行う行動により異なる意味を持ちあわせています。

誰かを占い、その結果を口にしているならば大切なのはその言葉の内容。
実は自分自身に向けてのメッセージと言われており、夢の中の自分が自分を占っているのです。

もう一つはその役職柄の影響力を反映しています。

良し悪し両方の意味で発言に注目が集まる時です。

思いがけず何かしらの影響をもたらすかもしれません。

話をする際はよく言葉を選ぶように心がけましょう。

スポンサーリンク