夢占い事典はこちら

夢占いで手術する夢の意味【試練の訪れを告げている?】

夢占い 手術

 

手術の夢の夢占いの意味って?

 
手術の夢は、夢占いで次の3つを象徴します。

  1. 病気への不安

    まず真っ先に挙げられるのが、病気に対する不安です。
    特に体調が悪い時や、持病がある人などが見やすいようです。

    「もしかしたら、何らかの病気にかかってしまっているのでは…?」という潜在的な不安が、手術の夢となってあらわれているのですね。

    でも、手術の夢が予知夢になることは少なくようですので、あまり心配しすぎないようにしてくださいね。

    もし、どうしても心配な場合は、早めに病院で検査を受けておいたほうが安心ですよ。

  2. 試練

    多くの手術は、体にとても負担をかけるもの。
    そのため、手術の夢は、あなたに訪れる試練を象徴することもあるようです。

    最終的に病気を治癒するのはあなたの体の回復力にかかっています。

    つまり、これから訪れる試練は、あなた自身の手で乗り越える必要があるということです。
    必ず乗り越えるという固い意思、そして我慢強さが求められるでしょう。

    中途半端な覚悟では、途中で挫折してしまう恐れもあるため注意したいところですね。

    なお、基本的に、手術は医師の手を借りて行うものですので、「誰かの手助けを必要とする状態に陥る」という警告になることもあるようです。

    いずれにしろ、あなたにとって厳しい運命が待ち受けていると言えます。
    一人で乗り越えようとしても、どうにもならない状況だとしたら、誰かにSOSを出すことも検討してください。

  3. 生まれ変わり願望

    一般的な手術は、病気のある部分を切除するものです。
    そこから転じて、手術の夢は、あなたが持つ「生まれ変わりたい」という願望を暗示するケースも。

    性格上の欠点や、過去の人生の汚点など、コンプレックスとなる部分を切り離したい、捨て去りたいという心理をあらわしているのですね。

    ただし、それにはやはり大きな負担が伴うかもしれません。
    本気で何かを変えたいのなら、あらかじめそれなりに覚悟を決めておく必要があるでしょう。


ここまでが手術の夢の全体的な意味となります。

手術はリスクが少ないものでは、「絶対に安全」とはなかなか言い切れないもの。
そのためか、やはり手術の夢も色々と注意を要するものが多く見られます。

手術の夢を見たら、その展開をよく思い出した上で、夢が伝えている意味を真剣に検討してみることが大切です。

では、ここからは手術の夢の様々なシチュエーションをご紹介します。
あなたの見た夢に近いものからその意味を調べ、夢を読み解くヒントにしてみてくださいね。

それでは、早速見ていきましょう。
 
 

スポンサーリンク
 

手術が成功する夢

 
手術が成功する夢は、あなたが直面している問題や試練に打ち勝てるという暗示です。

たとえそれが難しいものだったとしても見事にクリアすることができるでしょう。
終わった後も疲労やダメージよりも達成感の方があるはずです。

また、問題を解決できたことで、自身だけでなく、実際的に後々の懸念も解消しています。

課題だけではなく、それを生み出す要因さえも消えてしまったというイメージです。
臨む勝負事や問題に対して、何の不安も抱く必要はないでしょう。
 
 

手術が失敗する夢

 
手術が失敗する夢は、現状では問題解消が難しい暗示です。

無理に対処しようとしても、残念ながらうまくいかないでしょう。

また、その無理により、今直面している問題以上のダメージになってしまうかもしれません。

しかし、この夢は、「条件」さえ整えばクリアできるという暗示でもあります。

経済力や協力者など、大きな問題にぶつかるには不可欠な要素を充実させて再び挑みましょう。

そうすれば、問題解決はもちろんのこと、今後の懸念解消も見込めます。
 
 

脳の手術をする夢

 
脳はあなたの行動や意思を決める大切な器官です。
そこを手術するということは、脳に何か問題があるからということになります。

最近仕事のミスが増えたり、遅刻や約束を忘れるといったことが増えているのではないでしょうか。

これは疲労がずいぶん溜まっているせいで脳が持っている力を出し切れていないということです。

取り返しのつかないことになる前に休養を取ってください。
そうして疲れをとって能力を発揮できるようにした方が、結果的には効率的になりますからね。
 
 

内臓の手術をする夢

 
内臓は骨や筋肉に守られているとても柔らかい器官といえます。
つまり、内臓は弱い部分とも言い換えることができますよね。

そこで内臓を手術する夢は、あなたの弱い部分を直すという意味があると考えることができます。

あなたが積極的に手術を受けているのなら、あなたが自分の弱いところ、コンプレックスを直そう、乗り越えようとしているしるしです。

その気持ちがあれば必ず弱点は克服されるでしょう。

一方で、この夢はあなたが虚弱体質であるという暗示でもあります。

偏食傾向があったり、風邪を引きやすいなどあるのではないでしょうか。

思い当たることがあるなら、少しずつでも運動する、食生活を良くするなどして体を作ることをしましょう。
 
 

頭の手術をする夢

 
頭の手術をする夢は、あなたが自分の考えに、自信をなくしてしまっている暗示です。

誰かに指摘されたことがあったのなら、そのことが尾を引いている形と言えるでしょう。
意識としてはともかく、無意識的には負担になってしまっているようです。

また、無意識下で、これで良いのかと自問自答している暗示でもあります。

とは言え、具体的にそれほど問題があるわけではありません。

あまり気にすることなく、自分を信じて進んでいったとしても、悪いことは起らないでしょう。
 
 

目の手術をする夢

 
目の手術をする夢は、精神的な弱さや難しさと向き合おうとしている暗示です。
そうすることで、判断力や直感力を高めようとしているのでしょう。

もし目の手術が成功するなら、今後の自分の選択に大いに自信を持ちましょう。
あなたは、色々な物事を見極められるはず。

直感にしたがって行動していくことが開運の鍵となります。

ただし、目の手術に失敗してしまうなら、しばらくは自分で判断することは自重した方が良さそう。

信頼できる人に相談するなどして、慎重に物事を進めることが大切です。

→目の夢を見る意味
 
 

口の手術をする夢

 
口の手術をする夢は、人間関係の改善を求めている暗示です。

単に会話するだけでなく、より根本的な交流を深めようという意識が見て取れます。
また、態度の上だけではなく心理的な面においても、もどかしさを抱えているようです。

意欲的な行動の変化によって、一時的には周囲から浮いてしまうかもしれません。

しかし最終的には、周りもあなたの真意を汲み取ってくれるでしょう。
そうなれば、以前よりもずっと円滑な人間関係を築いていくことが可能になってきます。
 
 

顔の手術をする夢

 
顔の手術をする夢は、あなたがコミュニケーション能力を高めたいと考えている暗示です。

表情や仕草といったちょっとした部分に至るまで、相手により良く見られたいという思いが見て取れます。

そしてその評価が安定的なものであれば良いと、無意識下では考えているようです。

その手術が美容整形的なものだった場合、より変わりたいという意識が強く暗示されています。

変身願望と言ってもいいほどのモチベーションをうかがうことができます。

とは言え元々大きな弱点があるわけではないので、無理な変身よりも自信を持つことの方が先決となるでしょう。
 
 

胸の手術をする夢

 
胸の手術をする夢は、あなたが変身願望を抱いていることを暗示しています。

胸のサイズを大きくする、豊胸手術のようなものである場合、自信を持ちたいあらわれとも言えます。

コミュニケーション力の向上などにモチベーションを活かしていけば、本物の魅力が身につくでしょう。

一方、胸を小さくするような手術の場合、魅力のなさを気にしている暗示になります。

何かのコンプレックスが影響しているのかも知れません。

ただ、手順を踏んで実績を積んでいけば、魅力を発揮するのは難しいことではないでしょう。
 
 

喉の手術をする夢

 
喉の手術をする夢は、あなたが人に気持ちを伝えようとしている暗示です。

しかし、思っていることをなかなかうまく言葉にできず、どうにかしようという意識が働いています。

そのためなら、少々の負担や辛いことなど苦にしない強い意思も示されていますね。

さらに言えば、その積極策は、概ねうまく推移してくれるようです。

一時的には反発を買うことがあっても、結局は周りから理解されることになります。

自信を持ってどっしりと構えていれば、周囲からの信頼を勝ち取ることができるでしょう。
 
 

腕の手術をする夢

 
夢占いでは、腕はアクションをおこすツールと捉えます。

その腕を手術している夢ということは、今のあなたは何のアクションもできずにいるということ。

このことは、あなたのやる気が著しく低下していることを示しています。
何かショックなことがあって意気消沈しているようです。

一過性のものであればよいのですが、この状態が長く続くと心が病気になってしまうかもしれません。

いつまでたっても意欲が戻らない時は、専門家に相談してくださいね。
周りの人も元気なあなたの姿を見たいはずですから。
 
 

足の手術をする夢

 
足の手術をする夢は、社会的な意味での復活願望のあらわれです。

特に社会的地位や知名度、地盤といった、著名人や有力者ならではの要素を取り戻そうという意欲が見て取れます。

そのためにはかなり積極的な方法を取ろうとも考えているようです。

もちろん、ピークに比べて弱っているところで、さらに負荷をかけるのは、簡単なことではありません。

一時的にはさらに生活的な基盤が危うくなってしまうこともあり得るようです。
しかし最終的には成功し、今より良い状態へと至っていくでしょう。
 
 

癌の手術をする夢

 
癌の手術をする夢は、非常に大きな問題に向かい合うという暗示です。

しかも、事態の改善には、その難題に真正面からぶつかるしかないという意味合いもあります。

かなりの心身の不安が懸念される状況とも言えるでしょう。

また、問題が解決したように見えても、ぶり返すことも考えられます。
ある意味では長期間付き合わねばならない部分を見て取ることもできます。
ですがそれだけに、問題が完全解決した時の喜びや充実感は、格別なものがあるはずです。

→癌の夢を見る意味
 
 

中絶手術をする夢

 
中絶手術をする夢は意図しない方向に物事が進んでいる暗示です。

そこから脱するには厳しい手段を取るしかないと考えていることも見て取れます。

しかし、対処のためには多くの犠牲を払う必要もあるようです。

もっとも、金銭的な大損失や病気など、本当の脅威が迫っているわけではありません。

むしろ受け取りようによっては、いくらでもチャンスと考えることができる状態です。

シビアな対応の必要があるかどうか冷静に考え対応していけば、当初の計画よりも良い形に落ち着くかもしれませんよ。

→妊娠する夢を見る意味
 
 

スポンサーリンク
 

手術跡を見る夢

 
手術跡を見る夢は、あなたが問題解決した件についてどう印象を持っているかのしるしです。

もしその手術後が綺麗で、満足行くものだった場合、気分的にも充実していることを示します。

そのままの精神状態でより積極的に突き進んでいくと良いでしょう。

仮に手術跡が醜いと感じるようでしたら、あなたが問題解決の具合に満足していないことを示しています。

しかし、機能的には何ら問題がなく、放置していても基本的には大丈夫な状態でもあります。
気にせず前に進むのが一番ですが、もしどうしても気になるようなら、落ち着いたところでフォローを入れるのも良いでしょう。
 
 

医師として手術を執刀する夢

 
医師として手術を執刀する夢は、責任ある行動をしていけることを暗示しています。

失敗が許されない仕事や、大事な告白に向けた取り組みを深化させられるでしょう。
完璧に近い状態まで仕上げて、本気でぶつかっていけるのです。

また、大事な人を救えることも暗示されます。
困り果てている相手のことを想って、出来る限りのサポートを続けていけるでしょう。
自分を犠牲にしてでも、相手の喜ぶ顔が見たい一心で支えになってあげられるのです。

→医者の夢を見る意味
 
 

恋人が手術を受ける夢

 
恋人の身を案じる気持ちのあらわれです。
最近、恋人の体調が優れない様子なのではないでしょうか?

基本的に手術の夢は、深刻な病などの暗示ではありませんが、もし心配なら、早めに病院に連れて行ってあげたほうが安心ですよ。

また、別の意味としては、恋人が手術を受ける夢は、その恋人の考えを変えたいという願望です。
あなたは、彼(彼女)をもっと自分色に染めたいのかもしれません。

あるいは、意見の衝突から、自分の考えを押し通したい心理をあらわす場合もありそうです。

ただ、どちらの場合も、あまり行き過ぎないように気をつけましょう。
相手の気持ちを無視した関係は、長続きしないものですよ。

→恋人の夢を見る意味
 
 

友達が手術を受ける夢

 
「友達が手術を受ける夢」は、あなたが友達に不満を持っており改善してほしいと思っている、
もしくは、あなたが友人関係に恵まれていないため、信頼できる友人が欲しいと願っていることを表しています。

どちらにしても今後のあなた自身の行動が重要となります。

友達に不満を抱えている原因や、友人関係に恵まれない理由を、全て相手のせいや周りのせいにしてはいませんか?

もしそうならば、まずは自分自身の日頃の言動を見直すことが先決です。

友達と冷静に話し合ったり、相手のことを考えた行動を心掛けることで、運気の回復につながっていきます。

→友達の夢を見る意味
 
 

親が手術を受ける夢

 
もし、あなたの両親のどちらかの体調が優れないのだとしたら、この夢は、両親の身を案じる気持ちのあらわれかもしれません。

ただ、実際に親が手術を受けることになるわけではなさそうですので、安心してくださいね。

親の手術の夢が他に意味するものは、あなたの独立心の芽生えです。
これまで親の意見や意向を尊重して、息苦しい思いを感じていたのではないでしょうか。

この夢は、そんな状況から抜け出したい、というあなたの決意のあらわれと言えそうです。

特に、親が手術で命を落とす夢なら、それはあなたが真の自立を果たすサイン。
ショッキングな夢かもしれませんが、誰のものでもない、自分のための人生を歩み始めたことをあらわす吉夢なのですね。

→父親の夢を見る意味
→母親の夢を見る意味
 
 

知らない人が手術を受ける夢

 
知らない人が手術を受ける夢は、自ら積極的に行動を起こすように促している警告夢です。

現実世界のあなたは、仕事や生活でのトラブルに対してつい他人任せにしてしまっているのかもしれません。

問題に対して目を背けずに、自分の力で解決することが成功を手に入れる第一歩でもあります。

まずは当事者意識を持つように、普段の生活から心がけてみましょう。

そうすることであなたに対する周りの評価も変わっていくはずですよ。

→知らない人の夢を見る意味
 
 

子供が手術を受ける夢

 
知らない子供が手術を受ける夢は、あなたがすべきと思うことができていない暗示です。

特に誰かを補佐したり行動したりといったことができていないという部分を見て取ることができます。

自覚があっても勇気を出せないために、かえってストレスが溜まっている状態と言えるかも知れません。

もっとも、勇気を出して動くことで、状況が改善されることも示されています。

その難易度は決して高くなく、心の赴くままに動けば問題ないといったレベルです。
そして、頑張って動いた結果は、かなり素晴らしいものになってくれるでしょう。

→子供の夢を見る意味
 
 

スポンサーリンク
 

手術が痛い夢

 
手術が痛い夢は、身体の不調を示すシグナルです。
その痛んだ場所に、思わぬ異変が潜んでいる場合があります。

不安であれば、実力のある専門医の診察を受けた方が良いでしょう。

また、現実にその部分の手術を受けたことがあるなら、不安を抱えていることのしるしです。

手術をしたことで変わってしまったコンディションや外観に、精神的なストレスを感じているのかもしれません。

このケースでも、もし不安が消えないようなら、専門家の話を聞くのがベターと言えるでしょう。
 
 

手術で麻酔を打たれる夢

 
手術で麻酔を打たれる夢は、トラブルの兆しです。

特に精神的な辛さ、苦しさを含んだ苦境が迫っていると見て取れます。
心を強く持って耐えるのが、まず第一にすべきこととなるでしょう。

一方、問題は発生するものの、それは今後のためにおいては必要なことだとも暗示されています。

また、その辛さが実際に後々まで尾を引いてしまうことは少ないでしょう。
辛い時期を我慢すれば問題は解決され、以前よりもずっと快適に過ごせるはずです。
 
 

手術で大量に出血する夢

 
手術で大量に出血する夢は、問題の解決方法が違うという暗示です。

このままでは円満に解決できないと、強く示されている形です。
早急に方法を見直し、再度チャレンジすることを選択すべきでしょう。

ただ、一方でこの夢は、気力体力が極めて充実している暗示でもあります。
少々のダメージならはねのけられる状態だとも言うことができるでしょう。

問題解決を、適切な手段に改めれば、一挙に状況は好転し、充足感を得ることができます。
 
 

手術で命を落とす夢

 
手術で命を落とす夢は、問題の解決を暗示しています。
それも、影響が後々まで残ることもない、完璧な結果が見込めます。

外部の助けによって、長年苦しんでいたような悩みが消え去るという形になるでしょう。

また、問題が解決することにより、全体的な運気が向上するのも特徴です。
金運や健康運など、様々な方向に、いい流れがやってくる兆しとも取れます。

新たな課題に対して、心機一転、強い気持ちで取り組んでいくと良いでしょう。

→死ぬ夢を見る意味